一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 プロが選んだボードゲーム第2弾!「きらめく財宝」で、キラキラの宝石をゲットしよう!

RECOMMENDS

プロが選んだボードゲーム第2弾!「きらめく財宝」で、キラキラの宝石をゲットしよう!

2020.12.26

コロナ禍の年末年始、家の中で家族と過ごす時間を充実させたい! 国内最大級のボードゲーム販売専門店「すごろくや」のスタッフが選んだゲームをご紹介します。第2弾は「きらめく財宝」!

「きらめく財宝」ってどんなゲーム?
ドラゴンが氷の柱を炎で溶かして、中から宝石を取るストーリーのゲーム。2018年にドイツキッズゲーム大賞を受賞しています。

1
「きらめく財宝」。ドラゴンが宝石を集めるゲームです。
2018年にドイツキッズゲーム大賞を受賞!

ルールの説明
箱を開けると、中には氷を模したリングとキラキラ光る宝石が入っています。台座の中央にリングを重ね、中に宝石を入れていきます。

箱の中にはたくさんの宝石が。
 
氷のリングを筒状に重ね、中に宝石を入れて準備完了!

ゲームスタート!
親(パパドラゴン)がリングを一つずつ持ち上げ(=氷を溶かし)、こぼれ落ちた宝石を拾っていくゲームなのですが、自分が宣言した色の宝石しかゲットできません。参加者は「紫色」「じゃ私は黄色」など、他の人と被らないよう順に宣言します。全員が異なる色を宣言した後で、パパドラゴン役の人がリングを持ち上げます。

1
例えば「青!」と宣言。パパドラゴンが1つリングを持ち上げ(=氷を溶かし)ます。
 
周りに宝石がこぼれ落ちます。

こぼれ落ちた宝石のうち、宣言した色は自分のもの。ドラゴンの手前のポケットに入れていきます。

 
青色の宝石をゲット!

勝敗の決め方
パパドラゴンは順に交代していきます。みんなで色を宣言して、パパドラゴンが氷を1つ溶かして、対応する色の宝石をゲット。これを繰り返し、最終的に最も多くの宝石をゲットした人が勝ち!

 
リングが減っていくにつれ、ドキドキが加速します。

ゲットした宝石は台座の下に落ちていく仕掛けになっているので、誰が多く取ったかは最後まで分かりません。キラキラの宝石がバラバラと落ちていく楽しさと、最後のどんでん返しで盛り上がるゲームです!

ゲーム名称/きらめく財宝(Funkelschatz)
プレイ人数/2〜4人
対象年齢/5才〜
メーカー/HABA(ドイツ)
価格/2750円(税込)
詳細はこちら

おすすめしてくれたのは……
株式会社すごろくやの高木昭彦さん。年齢や人数や好みに合わせて、ぴったりのゲームをおすすめしてくれます!

 
高木昭彦さん。

●すごろくや
国内最大級のボードゲーム販売専門店「すごろくや」を都内に2店舗展開し、自社製品の企画制作、海外製ゲームの国内向けローカライズ、全国小売店への卸流通、書籍出版、イベント運営、講座/研修など、ボードゲームに関するあらゆる事業を包括的に行うボードゲームの総合企業です。大人の知的さを発揮できる面白さと、子どものように喜べる楽しさが両立した、「こんな面白いものがまだあったなんて!」ときっと驚いていただける近代型のボードゲーム・カードゲームを取り扱っています。
https://www.sugorokuya.jp/

 
すごろくや神保町店の様子。

text by Mai Inoue

記事の一覧へ