一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 正月のお餅をもっと美味しく!王道からアレンジレシピまで一挙紹介!

DINING

正月のお餅をもっと美味しく!王道からアレンジレシピまで一挙紹介!

2021.01.01

正月には、お餅を食べることが恒例な家庭は多いのではないでしょうか。たまにしか食べないからこそ、美味しく調理したいですよね。そこで今回は、お餅の味を引き出す基本のレシピから、少し変わっているけれど美味しいレシピまでご紹介します。

基本のお餅レシピ厳選2つ

七味醤油のお餅

1甘いお餅は、甘辛い七味醤油と相性抜群。基本の作り方を押さえて、美味しく調理しましょう。

【材料】

  • お餅・・・1個
  • 醤油・・・適量
  • 七味・・・適量
  • 焼きのり・・・お好みで

【作り方】

  1. お皿に入れたお餅がつかる程度に水を張り、電子レンジで加熱する(600W1分目安)
  2. お餅が柔らかくなったら、七味醤油に絡める
  3. あらかじめ加熱しておいたオーブントースターに入れて焼く
  4. 表面がパリッとしてきたら、再び七味醤油に絡めてオーブントースターに入れる
  5. 適度な焼き目がついたら焼きのりを巻いて完成
     

きな粉餅

2
スイーツ感覚で食べたいなら、きな粉餅がおすすめ。塩を少量使うと、甘味と塩辛さがマッチして深い味わいになります。

【材料】

  • お餅・・・1個
  • きな粉・・・適量
  • 砂糖・・・きな粉と同量
  • 塩・・・適量

【作り方】

  1. お皿に入れたお餅がつかる程度に水を張り、電子レンジで加熱する(600W1分目安)
  2. 柔らかくなったお餅に、きな粉と砂糖と塩を混ぜたものを絡める

     

ちょっと変わっているけれど美味しいアレンジレシピ3選

お餅のアヒージョ

3

【材料】

  • お餅・・・3個
  • オリーブオイル・・・適量
  • 輪切り唐辛子・・・適量
  • 舞茸・・・1パック
  • すりおろしにんにく・・・少々
  • 塩・・・少々

【作り方】

  1. フライパンにオリーブオイルを1cmほど入れて、輪切り唐辛子、すりおろしにんにく、塩、舞茸、お餅を入れる
  2. お餅がカラッと揚がるまで加熱したら完成

ペペロンチーノのような味わいのお餅が舞茸と相性抜群です。お酒のおつまみにもなりますよ。塩分を抑えたい場合は、オリーブオイルに入れる塩は少量にして、食べる直前に塩をかけるのがおすすめです。

塩は、直前にかけた方が味が濃いため、少量でも満足できるでしょう。
 

餅チーズ焼きカレー

4
【材料】

  • お餅・・・4個
  • レトルトカレー・・・1袋
  • ピザ用チーズ・・・適量
  • バター・・・適量

【作り方】

  1. お皿に入れたお餅がつかる程度に水を張り、電子レンジで加熱する(600W2分30秒目安)
  2. フライパンにバターを多めに入れ、お餅を焼く
  3. 耐熱容器にお餅を入れ、温めておいたレトルトカレーをかける
  4. チーズを全体にまんべんなくかけてオーブントースターで焼く
  5. パセリとバジルで彩りを加えたら完成

お餅をあらかじめバターで焼いておくことで、香り高いカレーになります。
 

餅ピザ

5

【材料】

  • 丸いお餅・・・7つ(サイズに応じて調整する)
  • ピザソース・・・適量
  • ウインナー・・・3本
  • ピザ用チーズ・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量

【作り方】

6
  1. お皿に入れたお餅がつかる程度に水を張り、電子レンジで加熱する(600W3分目安)※
  2. オリーブオイルをしいたフライパンに写真のようにお餅を並べて焼き、形を整える
  3. ピザソース、ピザ用チーズ、斜めに薄くカットしたウインナーの順でのせる
  4. オーブントースターで焼く

※お餅の形が崩れないように加熱しすぎないことがポイントです。

今回、ご紹介したレシピの中でも一押しは「餅ピザ」です。お餅のパリッと、モチっと感がピザソースと相性抜群。子供にも大好評だったので、ぜひ試してみてください。

 

正月はお餅を楽しもう!

お餅は一種の風物詩とも言える食べ物。1年に1回しか訪れない正月だからこそ、特別なレシピでお餅を食べたいですね。今回、ご紹介したレシピは長くても10分ほどで作れるので、正月はゆっくり過ごしたい方にもおすすめです。

 

LINEお友達登録はこちら

 

 

MADURO ONLINE 編集部 
加藤良大

記事の一覧へ