一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 今年こそ、脱「カサカサ肌」!冬の乾燥から肌を守るためのアドバイス7つ

LIFE

今年こそ、脱「カサカサ肌」!冬の乾燥から肌を守るためのアドバイス7つ

2021.01.03

空気が乾燥しがちな冬は、肌の水分が奪われてカサつきがち。冬に肌が乾燥するのは仕方がないと思っている方が多いのではないでしょうか。実は、正しいケアを続けることで、肌の乾燥を防げる可能性があるのです。ここでは、冬の乾燥肌を防ぐために5つのアドバイスをご紹介します。

そもそも冬に肌が乾燥しやすい理由とは?

1

冬は、空気の乾燥によって肌の水分が奪われることで、乾燥肌になりやすい季節です。肌の水分が奪われると、外的刺激から肌を守るバリア機能が低下して、少しの刺激で赤みやかゆみなどが現れるようになります。

 

冬の乾燥肌を防ぐためのアドバイス7つ

加湿器で部屋の湿度を一定に保つ

空気の乾燥を防ぐには、湿度を一定に保つことが重要。ここで注意したいのが、適切な湿度は気温によって異なることです。そのため、加湿器をつけっぱなしにすれば対策になるわけではありません。

おすすめは、室温に合わせて適切な湿度に自動で調整してくれる加湿器を使うことです。また、空気の清潔さも気になる方は、加湿空気清浄機を選んでみてはいかがでしょうか。
 

顔にマフラーやストールをつけない

顔が寒いからといってマフラーやストールを顔の近くで巻くと、摩擦によって肌の水分が奪われる恐れがあります。顔が寒いのは、そもそも体温が低くなっている可能性があるので、まずは十分に着こんだりカイロを使ったりして、身体を温めましょう。
 

正しいスキンケアを心がける

3

寒いからといって熱いお湯でゴシゴシと洗顔したり、油分が気になるからといって洗浄力が強すぎる洗浄料を使ったりすると、肌が乾燥してしまうでしょう。肌のバリア機能に関わる皮脂を落としすぎないように、ぬるま湯で丁寧に洗うことが大切です。

また、油分が気になる場合は、洗浄力が強い洗顔料を使うのではなく、きめ細かなたっぷりの泡で優しく洗うことを心がけてみてください。正しく洗顔をすれば、洗浄力が強い洗顔料を使わずに肌の調子を整えられます。

忘れてはいけないのが仕上げのすすぎ。肌に泡が残ると乾燥したり赤くなったりする恐れがあるため、ぬるま湯で丁寧かつ十分にすすぎましょう。
 

洗顔後すぐに保湿する

浴室から出たら身体をふいて髪を乾かし、最後に保湿をしている方もいるでしょう。洗顔後は肌の水分が奪われやすいため、すぐに保湿することが大切です。保湿ケアでは、化粧水と美容液で水分や保湿成分を補い、乳液で油分を補給したうえで、乾燥が特に気になるところにクリームを重ねましょう。
 

高保湿化粧品を使う

ヒアルロン酸やセラミドが含まれた高保湿タイプの化粧品を使うと、冬でも乾燥しにくい肌を保てるかもしれません。ただし、高保湿タイプかどうかよりも、肌への刺激が少ないかどうかが重要です。肌に合わないと感じた場合は、他の保湿化粧品を試してみてください。
 

肌ざわりが良い寝具を使う

3

乾燥しがちな冬は、寝具との摩擦でも肌トラブルが起こる可能性があります。肌ざわりが良い寝具を使って、肌の摩擦を減らしましょう。また、うつ伏せで寝ると肌が寝具と擦れあうため、なるべく仰向けで寝ることが大切です。
 

長時間の入浴は避ける

長時間の入浴は身体の水分を奪うため、肌の乾燥を招く可能性があります。身体をしっかり温めたいときは、入浴だけではなく、生姜湯を飲んだり温かい服を着たりと、他の方法と組み合わせて対策しましょう。また、入浴の前後は必ず水分補給をしてください。
 

基本のスキンケアと正しい洗顔で冬の乾燥肌を防ごう!

冬の乾燥肌を防ぐために特に重要なのは、基本のスキンケアと正しい洗顔を継続することです。1回でも間違った洗顔をすると、翌日には肌が乾燥する恐れがあります。冬は肌への摩擦や熱い湯での洗顔などの影響が大きいことを踏まえて、根気よく正しいケアを続けましょう。

LINEお友達登録はこちら

 

 

MADURO ONLINE 編集部 
加藤良大

記事の一覧へ