一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 【九島辰也のDRIVEN MADURO】マラガで体感!新顔追加でさらに賑わうフォルクスワーゲン

CAR

【九島辰也のDRIVEN MADURO】マラガで体感!新顔追加でさらに賑わうフォルクスワーゲン

2018.06.10

GTIといえばやはりコレ。1976年にリリースされた初代ゴルフGTIから始まるパフォーマンスは圧巻。本誌編集長九島が、その新作をスペインのマラガで試しました!

フォルクスワーゲンにとっても我々にとっても〝GTI〞は特別。皆まさも一度は憧れたのでは。そのGTIシリーズの最新モデルに試乗しました。

全景
“GTIパフォーマンスデイズ”と銘打った今回のイベントには歴代ゴルフGTIが飾られました。しかも初代から4世代目まで試乗付き。個人的な順位はゴルフ2、ゴルフ4、初代、ゴルフ3の順位ですかね。まぁ個体差は大きいですがリアル世代のゴルフ2は大学時代の思い出いっぱいです。

 まず紹介したいのはアップGTI。かつてルポにはありましたが、アップにスイッチしてからは初登場です。注目すべきはエンジンで75psを115psにスープアップ。実はこれ初代ゴルフGTIの110psに近い数字なんですね。ですが、やはり1リッター直3エンジンは新世代のため、扱いやすさはいたって現代的。スポーティかつ快適に扱えます。乗り心地は少々ハードですが、そこはGTIらしさ炸裂です。

次に乗ったポロGTIは完成度が高く、スポーティな上にラグジュアリーさも。速いだけではないとひつ上のステージ感ですね。まぁ、この車体で200psですから申し分ありません。ゴルフGTIに肉薄した走りです。

そのゴルフGTIは、GTIパフォーマンスを試しました。最高出力はなんと245ps。スポーツサスで固められた足は、コーナリングでの懐は深く、アスカリサーキットを余裕で駆け抜けます。いやぁ、GTIは健在です。タータンチェックのシートもたまりませんね。

 

歴代もっとも愛くるしいGTIといえるかも

愛くるしい
キュートなデザインのアップはGTIになってもその愛らしさは残る。グリルの赤い横棒と右端のエンブレムがGTIの印。1リッター直3エンジンは115psにチューン。1070kgという軽量ボディで最高速度196km/h、0-100km/h 加速8.8秒をマークする。6速MTとの組み合わせはかなり楽しい仕上がり。まるでカートのようなドライブフィール。日本での発売は夏頃の予定。人気になるのは必至。セカンドカーの買い替え候補にいいかも。

サーキットで抜群の安定感だったポロGTI

青い車
マラガで行われた今回のイベントでは元F1ドライバーのアルベルト・アスカリ氏の名にちなんだアスカリサーキット&リゾートが使われた。GTIにぴったりのシチュエーション。そこで我々を驚かせたのはポロGTIの実力。抜群の安定感を発揮した。2リッター直4エンジンは200ps、320Nm。6速DSGとの組み合わせで、最高速度237km/h、0-100km/h 加速6.7秒を叩き出す。こちらも日本には夏頃上陸する見込み。う~ん、また乗りたい!

今も昔もレーシーなGTIなんですねー

赤い車
イメージは薄いがフォルクスワーゲンはヨーロッパでレース活動を盛んに行っている。ゴルフGTITCRという名のマシンがソレ。そのノウハウがGTIシリーズにフィードバック。
おじさん
ヨーロッパのレーシング界では伝説的なドライバーハンス・ヨアヒム・シュットック氏もこのイベントに登場。初代ゴルフのレースでの思い出と思い入れを話してくれた。

 

 

 

九島辰也/文 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン/写真提供

記事の一覧へ