一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [ハワイ]ハワイ在住田嶋ファミリーのお気に入りのアクティビティチャーター機でラナイ島 後編

VACATION

[ハワイ]ハワイ在住田嶋ファミリーのお気に入りのアクティビティチャーター機でラナイ島 後編

2018.12.09

ハワイ諸島において、最も人口が少なく秘境の楽園とも呼ばれているラナイ島̶̶。ラナイのよさとは? プライベートチャーター機とは? ローカル代表の田嶋ファミリーのとある平日に、その魅力を教えていただくべく! デイトリップしてきました!

tajima
今回ご協力いただいたのは、5人家族のロコパパでもあるプロサーファーの田嶋鉄兵さん。モデル&デザイナーの奥さまMieさん、4歳の次男、コウくんと一緒。

PM12:05

ラナイ島でランチ‼︎ 一番のおすすめはクラブハウス内の「 VIEWS」です

眼の前に広がる贅沢なロケーション! 家族ランチはみんな笑顔です

ranai1
自然のダイナミックさを表現するグラデーションブルーに彩られた太平洋を見渡せるテラスでいただきます!
ranai2
新鮮なシュリンプをオリジナルソースでアレンジ。地元フロポエ湾の新鮮なエビが詰まったB.L.T.サンド($29.00)。
ranai3
大人から子供まで、大好きな、ここの名物のひとつ、ビューズ・バーガー($28.00)。
ranai4
地産地消の理念に基づいた食材と調理に定評のある絶景レストラン。クラブハウス内にあるにもかかわらず、わざわざ足を運ぶホテルゲストも少なくない。
ranai5
ゴルフ好きにはたまらない 、ジャック・ニクラウス氏による設計ならではの海越えTショットをはじめチャレンジングなコースで有名。プライベートチャーター機を利用した「ラナイ島日帰りゴルフプラン(アンリミテッドゴルフ)」$5480で。

ここでランチ!

VIEWS at Manele Golf Course ビューズ アット マネレゴルフコース

壮大な海とフェアウェイに囲まれたクラブハウスレストラン。ロコからも評判の高い料理の数々は新鮮でヘルシー系からアペタザー、子供も喜ぶバーガー類まで多彩なメニューが揃う。

☎808-321-4666
1 Challenge Dr, Manele Golf Course, Lanai City
7:00~18:00  無休
https://www.fourseasons.com/jp/lanai/services_and_amenities/golf/
 

 

PM1:00~PM2:00

ラナイ島を散策‼︎ 最高のリゾート感を約束するフォーシーズンズ リゾート ラナイ

 

ranai6
エントランスに1歩足を踏み入れた瞬間からフロポエ湾を一望する雄大で開放的な空間に思わずうっとり。
ranai7
ガーデンエリアに囲まれたプール周辺のお散歩も気持ちがイイ。
ranai8
ホテル内には男女対応の高感度なセレクションのブティックもあります。またオプションとしてSPAの予約も可能であれば有意義な3時間ステイを楽しみたいもの。

ここで散策!

Four Seasons Resort Lanai フォーシーズンズ リゾート ラナイ

ワイキキの喧騒とは真逆の「自然のままの姿」を体感できるラナイ島。目の前に広がる太平洋と緑豊かな庭園に癒されるホテル内にはプール、スパ、室内ダイニングなどが併設されていてラグジュアリーな滞在を約束してくれます。


☎800-321-4666
1Manele Bay Road,Lanai City
https://www.fourseasons.com/jp/lanai/

 

他のおすすめ散策スポット

おすすめ01  Pu’u Pehe プウ・ペヘ

puu
別名「スイートハートロック」ともいわれている。ラナイ島のシンボルで人気の観光スポット。ラナイの南側、マネレ湾とフロポエ湾の中間の海にある悲しい伝説でも有名。フォーシーズンズのビーチから歩いて行ける距離に位置してます。

Manele Bay Road Lanai City

 

おすすめ02 Keahiakawelo ケアヒアカヴェロ

kea
ラナイ・シティから北西部に走り、約45分で到着。「ガーデン・オブ・ザ・ゴッド(神々の庭園)」としても知られるケアヒアヴェロは、自然石で造られた神秘的なスポット。

keahiakawelo,Lanai City

 

PM3:00

ラナイ島からチャーター機でホノルルまでの帰路

ranai9
約30分ほどのフライトでダニエル・K・イノウエ国際空港に到着します。行きと同じく空港内の専用ラウンジで解散します。
ranai9
ゆったりとしたソファもあるラウンジ。国際線から直接利用する場合など男女各室バスルームにシャワーもあるのでサラッと汗を流せるのは有難い。


Akira Kumagai/撮影
Kaoru Isobe/文

RELATED

記事の一覧へ