一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 【スイス発!新作時計リポート】 注目ブランドの新作が気になる! vol.02

WATCH

【スイス発!新作時計リポート】 注目ブランドの新作が気になる! vol.02

2018.06.13

スイス、バーゼルでの時計フェアが、やはり例年どおりに3月に開催。2018年の時計の新シーズンがいよいよ始まったわけです。 今回はバーゼルで発表された新作時計のご紹介を。本速報をご覧いただければ、今年の時計の新規購入に対する傾向と対策は、ほぼバッチリとなりますよ。

BVLGARI[ブルガリ]

ブルガリの今年最大のトピックスは、ブランド初の腕時計の誕生100周年。100年前の1918年といえば腕時計が普及し始めたばかりの時代であり、出自がハイジュエラーのブルガリがそんなにも早い時期から腕時計づくりをしていたことは感嘆するばかり。また、ここ数年続く、超薄型時計「オクト フィニッシモ」の新作も見応えたっぷりでした。

オクト フィニッシモ オートマチック

508万円

ブルガリ

世界最薄記録樹立の超薄型モデルに、さらに魅力的な新作が登場

昨年のバーゼルで発表された、自動巻きで世界最薄記録を樹立したモデル「オクト フィニッシモ オートマティック」のバリエーション。チタン製であったケース、ブレスレット、ダイヤルをローズゴールドに変更。チタンモデルと同様に表面に施したサンドブラスト加工により、マットな仕上げにしているのが大きな魅力。サンドブラストのステンレススティールモデルもあり、そちらも大おすすめです。自動巻き。パワーリザーブ約60時間。RGケース&ブレスレット。ケース径40mm。30m 防水。(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)

 

Harry Winston[ハリー ・ウィンストン]

「キング・オブ・ダイヤモンド」と呼ばれるハイジュエラー、ハリー・ウィンストンは2013年にスウォッチグループの一員となる。以来、技術面での連携などにより作品の完成度が向上。独創性を重んじ、独特の道を行くトレンド=流行とは無縁の存在。今年も独創性溢れる新作でフェア会場を訪れた人々の目を楽しませてくれたのです。

プロジェクト Z12

285万円※予価

ハリー

進化したデザインが大きな注目の超軽量スポーツシリーズ第12作

ハリー・ウィンストンの独自開発である超軽量特殊合金「ザリウム™」を使用した「プロジェクト Z」シリーズの第12作。これまでのオフセンター表示の非対象デザインではなく、同心円状の対照的デザインを初めて採用したのが特徴。2本のレトログラード針により、ダイヤル上半分で「時」、下半分で「分」を表示。ダイヤル外周にデイト表示を備える。自動巻き。パワーリザーブ約68時間。ザリウム™ケース。ケース径42.2mm。カーフ×ラバーストラップ。10気圧防水。世界限定300本。10月発売予定。(ハリー・ウィンストン クライアント インフォメーション 0120-346-376)

 

BLANCPAIN[ブランパン]

時計界きっての巨人であるスウォッチグループのなかで、大きく売上を伸ばしている、というブランパン。その理由は代表作の「ヴィルレ」の古典的作風がクラシカルな時計を好む各国で好評だからのよう。そしてもうひとつの代表作の名作ダイバーズ「フィフティファゾムス」も好調。今年も魅力的な新作を発表してくれたのです。

フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト 70s

135万円

ブランパン

「バチスカーフ」で初の1970年代デザインのモデル

ダイバーズの歴史的名作「フィフティ ファゾムス」は1953年に誕生。その3年後の56年に誕生したのが「バチスカーフ」で、現行の「バチスカーフ」は50年代のデザインを踏襲するのを特徴とした。そしてこの新モデルは、そんな「バチスカーフ」の現行コレクションで初となる、70年代のデザインを採用した作。5分ごとに入れられた四角形のインデックスや3時位置のデイ・デイトが特徴です。自動巻き。パワーリザーブ約120時間。SSケース。ケース径43mm。アンティークレザーストラップ。30気圧防水。世界限定500本。(ブランパン ブティック銀座 03-6254-7233)

 

BREITLING[ブライトリング]

昨年の4月に投資ファンドに買収され、さらにIWCのCEOであったジョージ・カーンが新CEOに就任という、まったくの新体制となったブライトリング。これまでの「空」のモデル主体の体制から、「陸」と「海」のモデルにも注力し、陸海空すべてのコレクションを充実させていくとのこと。これまで以上に魅力的な新作が楽しめそうです。

ナビタイマー 8 スーパー 8

85万5000円※予価

ブライトリング

軍用ストップウォッチの名作をモチーフにした最新モデル

今年の1月に発表された新生ブライトリングの第1作「ナビタイマー 8」コレクションの最新作。「8」はコクピット計器やパイロットウォッチの製造のために1938年に設立した「ユイット・アビエーション部門」に由来。当時の計器などが8日巻きを保証していたことから仏語の「8」=「ユイット」と名付けたそう。この新作は第2次世界大戦時のパイロットやクルーが使用したストップウォッチがモチーフで、左リュウズが特徴。自動巻き。パワーリザーブ約70時間。チタンケース。ケース径50mm。NATOレザーストラップ。3気圧防水。(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)

福田 豊/文

RELATED

記事の一覧へ