一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 家族お出かけレストラン連載第18回  東京・大門/寿司「すし 宮川」

DINING

家族お出かけレストラン連載第18回  東京・大門/寿司「すし 宮川」

2021.02.15

子供と一緒の外食選びは苦労するところ…で、家族でちょっとしたお出かけの時にピッタリのレストランをご紹介。パパの接待でも使えるようなクオリティ…料理も雰囲気も味もバッチリな基準で選びます。

プロジェクションマッピングに
誰もがビックリ!世界で類を見ない
デジタルエンタメ寿司です!

大門駅、御成門駅、浜松町駅の3駅から徒歩3〜6分の場所にある「すし 宮川」。その利便性もさることながら、こちらの一番の特徴は、店内に足を踏みいれると目の前に広がるプロジェクションマッピング。カウンター席のすぐ後ろに、いろんな武将の家紋が動きながら、花や花火が広がっていくプロダクションマッピングは、まさに圧巻。子供だけでなく大人もビックリ大興奮な体感型エンタメ江戸前寿司です。これから外国人にも大人気になりそうな仕掛けですが、お寿司のクオリティもお墨付き。エンタメな店内とは打って変わって、奇をてらわずに基本を大事にする有名店出身の大将が握る本格江戸前寿司は、しみじみ美味。メニューは全ておまかせのコースで7980円〜。一番のおすすめは、旬の握りと旬な食材を使った一品料理をバランス良くたっぷり堪能できる1万円のスタンダードコース。まずは、しじみの一番出汁からスタート。続いて中トロの握りの後に、前菜、握り、一品料理、焼き物、茶碗蒸し、巻物、玉子焼き…他次々と盛り沢山に出てきます。日本酒も充実。店内はカウンター11席に個室7室。カウンター席だけでなく、プロジェクションマッピングが付いている個室も! まさに才色兼備なお店です。

1
以下写真の料理は、1万円のスタンダードコースから。しじみの一番出汁の次に出てくる最初の握りは、中トロ。細かく包丁が入っているので、口の中でトロけます。
1
中トロの握りに続いて、前菜5品。その日の仕入れによって内容が変わり、この日は、もずく酢、松前漬け、ぼたんエビの甘煮、いぶりがっこのクリームチーズ、梅の形の花餅だんご。
8
続いてはマグロの赤身の握り。
8
あおりイカは塩で。素材本来の甘みが楽しめます。
9
金目鯛は、少しあぶって。
3
白身の中で一番人気が、真鯛。
1
握りが4貫続いた後に、季節の茶碗蒸し。この日は、ホタテと菜の花入り。口の中に春を感じます。
3
この日の焼き物は、さわら。梅のあんかけでさっぱりといただきます。
3
ここから、また握りが続きます。スズキのさっぱりと淡泊な味わいが、しみじみ美味。
3
今の季節は特に脂が乗っている、サバ。
4
江戸前寿司といったら、穴子。
4
かんぴょう巻き。自家製のかんぴょうは、自分で巻く様式。
4
2種類の玉子焼き。じっくり蒸したプリンなタイプと、焼いたカステラなタイプ。同じ玉子焼きなのに、まるで違う味わい。
2
最後の一品料理。この日は、エビしんじょうにタケノコを添えて。
4
〆のデザートは、ウーロン茶とオレンジのゼリー。2層になっていて、口の中がすっきり。
4
日本酒は、メニューに載っていない、その日のおすすめも豊富。黒龍、酔鯨、冩樂、飛露喜など日本各地の名酒が。1合1000円~。
3
カウンター席に座ると、目の前にプロジェクションマッピングが広がります。
4
プロジェクションマッピングのある個室を1室用意。4名さま用。
5
和のしつらえの4名さま用個室もおすすめ。

東京・大門/寿司
「すし 宮川」

Data
☎03-5860-1044
東京都港区芝大門1-6-1芝大門エフビル2階
営業/11:30〜14:30、16:00〜24:00
緊急事態宣言中は11:30~20:00
定休日/不定休
※緊急事態宣言で、現在上記の営業時間短縮を行っていますが、状況によって変わってきますので、ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

田中 雅/撮影 早島芳恵/文

記事の一覧へ