一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 油そば

DINING

【リュウジさんのレシピ】を作ってみた!「至高の油そば」混ぜるだけ簡単!かつおの風味が食欲そそる!

2021.02.21

簡単! 時短! ウマイ! 料理のお兄さんこと、料理研究家のリュウジさん考案レシピを作ってみました。今回は1度食べるとクセになる「油そば」に挑戦! 市販の和風出汁や調味料を使うので、料理初心者さんも安心のメニューですよ。

至高の油そばの作り方

材料(1人前)

中華麺 1玉(140gほど)

[タレ]
リケン素材力だし本かつお 小さじ1/2
醤油 大さじ1弱
オイスターソース 大さじ1 弱
穀物酢 大さじ1/2
ゴマ油 小さじ2
ラー油 少々

※トッピング お好みのもので

 

1.麺を茹でる

麺を茹でる

市販の中華麺を説明書き通りに茹でます。我が家は硬麺が好みなので少し早めに上げました。
中華麺も色々な麺の太さがありますよね。今回は、タレがよく絡むように太麺でチャレンジしましたよ。

 

2.器に調味料を入れる

たれ

器に[タレ]の調味料を全て入れて、よく混ぜます。ゴマ油とオイスターソースの香りで中華風な感じもしますが、和風だしが入ることで一気に「和」の雰囲気になりますよ〜。

かつおだし

さらに、リュウジさんがつくる「至高の油そば」に欠かせないのがこちらの和風だし!本かつおの香りや旨みが格別との事で、私も同じもので作ってみました。

●リケン 素材力だし本かつおだし
公式WEBサイトはこちら

 

3.麺とタレを混ぜる

油そば

茹で上がった麺を湯切りして、タレによく絡めます。強い力で混ぜると麺がベタベタになってしまうので、麺を潰さないように注意して混ぜました。タレが少ないかな?と感じるかもしれませんが、混ぜていくと麺とタレがよく馴染んでいきましたよ。

 

4.トッピングして完成

油そば

混ぜ合わせたら、お好きな具をトッピングして出来上がりです!我が家は、焼豚、メンマ、ネギ、煮卵の王道トッピングに、少しまろやかさを出したかったので卵黄ものせてみました。主人から「卵が2コも!」と若干引かれてしまいましたが、無類の卵好きな私は御構い無し。皆さんも好きな具材を思い切ってたっぷりのせて、満足のいく一杯を作ってみてはいかがでしょうか。
 

いざ、実食!

まずは麺から。今回は太麺を使ったので、麺にタレがよく絡んで麺のコシとも相性バツグンです!タレを用意している時には「本当にこの少量で味が付くのかな?」と心配でしたが、水で薄めたりせず全ての調味料を原液のまま使うので、しっかり味が付いていましたよ。むしろ、細麺だと少し塩辛いと感じる方もいるかもしれない位ですので、細麺で作る際は気をつけたいポイントです。

さて、少し食べ進めたら卵黄を混ぜて食べてみます。すると…「ま、まろやか〜♡」タレの濃さが一気にまろやかになり、コクも風味もパワーアップ。味変には持ってこいのトッピングです。

さらに、ラー油、お酢、マヨネーズや紅生姜も味変で使ってみましたが、個人的なおすすめはマヨネーズと紅生姜。こってりのなかに紅生姜のシャキシャキ感がたまりませんよ♡

油そばはこれまでお店でしか食べたことがなかったのですが、家にある調味料やスーパーで手に入る商品でこんなにも簡単に作れるなんて驚きと感動でした。スープたっぷりの麺類もいいですが、たまには気分を変えてお家で油そばもアリだなと感じた今回のリュウジさんのレシピ、ぜひ皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?

 

原結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。

 

LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ