一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 サステナブルな非常食。プラントベースの「NEXT牛丼」が気になる

NEWS

サステナブルな非常食。プラントベースの「NEXT牛丼」が気になる

2021.02.24

ネクストミーツから、代替肉製品の「NEXT牛丼」が登場 。地球にも身体にも優しいプラントベース。サステナブルなだけでなく、非常食としても活躍する次世代食品をリコメンド。

「NEXT牛丼」はプラントベースの代替肉。普段の食事としてはもちろんのこと、製造から3年間常温で保存できるため、非常食としても大活躍。タンパク質などの栄養をしっかりと含んでいながらも、コレステロールはゼロ。身体にも地球環境にも優しい、未来の非常食です。

1
1

1缶で約2人前の160gと、ボリュームもたっぷり。

1

商品名/NEXT牛丼CAN(缶詰)
価格/3350円(税込)
容量/160g×5缶セット
賞味期限/製造から3年
原材料/大豆加工品(脱脂大豆、食塩)※国内製造、遺伝子組み換えでない、調味液(しょうゆ、砂糖、米発酵調味料、酵母エキス、昆布エキス、食塩、醸造酢、椎茸エキス、ジンジャーパウダー)、たまねぎ、砂糖(てんさい)、食用なたね油/着色料(カラメル色素I)※一部に大豆・小麦を含む
販売ページはこちら

ネクストミーツとは
「地球を終わらせない」を理念として掲げ、地球環境改善のために代替肉の分野で事業活動を行う日本のスタートアップ。2017年から研究を始め、プロダクト完成の2020年6月に法人化。2021年1月に米国市場にSPACスキームでOTCBBに上場。世界初の焼肉用代替肉「NEXT焼肉」、植物肉で作られた牛丼「NEXT牛丼」や、代替肉ハンバーガー「NEXTバーガー」をローンチ。テレビ番組などで話題となり、若い層を中心に熱狂的なファンが急増。昨年12月には総合商社の豊田通商とパートナーシップの基本合意を発表。幅広い代替タンパクの研究開発に着手し、2050年までに全ての肉を代替することをミッションとしています。

●ネクストミーツ
https://nextmeats.co.jp/

LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ