一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 仲間と共有する趣味から1人で楽しむ趣味…で、大型&中型バイク

CAR

仲間と共有する趣味から1人で楽しむ趣味…で、大型&中型バイク

2021.03.26

ほぼ“ひとりっきり”で乗るオートバイは、密を避けて移動するにはうってつけの乗り物と言えるでしょう。そこでスポーティ&ラグジュアリーなバイクと、最近頭角を現している電気オートバイ、さらには自転車を厳選してご紹介します!

アメリカの某有名バイクメーカーのキャッチコピーに、「バイクは自由へのパスポート」というのがありました。新たな生活様式を迎えるにあたって、バイクはまさに「自由へのパスポート」かもしれません。

バイクは基本的にひとりで出かける乗り物ですし、仮に仲間と一緒に走っても密になることもなく、ソーシャルディスタンスだってバッチリ。しかも最新モデルなら環境汚染だって抜かりなく対策済み! 大手をふって新たな社会に乗り出せるのです。

そこで、新たな相棒にふさわしいファンなバイクをセレクト。いずれもパフォーマンスはもちろん、乗りやすさや楽しさは、パパもタンデムシートのママも快哉を叫ばずにはいられないマシンばかり。さあ、新たな自由に向かって、走り出してください!

エントリーモデルでも
乗り味は上級クラス!

Husqvarna Motorcycles Svartpilen 125

ハスクバーナ・モーターサイクルズ スヴァルトピレン125 53万9000円

バイク

ストリート映えもバッチリ
125らしからぬスタイリング

バイク

黒い矢を意味するスヴァルトピレンは、125でも上位モデルとほぼ同等のスタイリング。もちろん、タンデムシートにママを乗せることだって可能です。ABS標準装備なので、安心してタンデムライドが楽しめますよ!

人気のスクランブラーの中でも、グイグイきてるのがスヴァルトピレン。250に続いて、2021年は原付二種となる125ccが満を持して登場。最小モデルながらスタイリングは上位モデルと同等、しかもBYBREのブレーキやWPの倒立フォークなど装備もクラスレス。17インチの前後タイヤで、パパが乗っても原付二種とは思えない見栄え! お手頃価格なのでママと一緒に2台購入ってのもアリ!?

SPEC 
ホイールベース:1357 mm、エンジン: 水冷DOHC 4バルブ単気筒、排気量:125cc、最高出力:15ps/9500rpm、最大トルク/12Nm/7500rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:約9.5ℓ、シート高:835mm(ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン)

イタリアの至宝バイクは
超速なアート作品!?

MV AGUSTA SUPERVELOCE 800

MVアグスタ スーパーヴェローチェ800 256万3000円

バイク

ストリート風味の設計で
普段のガシ乗りもOK

バイク

ハンドル位置やシートの形状がストリートを意識した設計となり、過度な前傾姿勢でないところが嬉しいポイント。カラーは伝統のアゴスティーニレッドと、メタリックカーボンブラックの2タイプが用意されています。

歴史あるブランドを背景に、そのステイタスが年々アップするMVアグスタ。F4シリーズを筆頭に、芸術品ともいえるマシンをリリースし続けていますが、ついに真打が登場。レーサーを意識したレトロモダンなスタイルで、エンジンは逆位相クランクを用いた3気筒DOHCユニットを搭載。

SPEC 
ホイールベース:1380 mm、エンジン: 4ストローク 3シリンダー 12バルブ “DOHC”、排気量:798cc、最高出力:148hp/13000rpm、最大トルク/88Nm/10600rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:16.5ℓ、シート高:830mm(MVアグスタ ジャパン)

冒険バイクの最高峰エコな走りも可能に!

BMW R1250GS ADVENTURE

ビーエムダブリュー R1250アドベンチャー 219万2000円〜

バイク

万全の電子制御で
ツーリングの楽しさも全開!

バイク

伝統のボクサーエンジンは厳しい環境規制EURO5に対応しながら136psを発揮。それでいて、エコモードを使って優しく走ることも可能。電子制御によるライダーサポートもBMWらしいところ。

世界の秘境にいけば必ず出会うバイクがBMWのボクサーエンジンを搭載したR1250 GS ADVENTURE。フルモデルチェンジで、ライディングモードが進化するなど、さらに冒険に行きたくなるバイクになっています。GSの40周年を祝って設定されたブラック×イエローで、ぜひラリー気分を味わってくださいませ!

SPEC 
ホイールベース:1514 mm、エンジン: 水冷DOHC 4バルブ水平対向2気筒、排気量:1254cc、最高出力:136ps/7750rpm、最大トルク/14.59kg-m/6250rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:20ℓ、シート高:850〜870mm(BMWカスタマー・インタラクション・センター)

さらに進化したモンスターストリート映えならコレ!

DUCATI Monster+

ドゥカティ モンスター プラス 151万5000円〜

バイク
バイク

カーゴルームの最大荷室容量は通常時で637リッター。40:60の分割可倒式となっているリアシートを倒せば、最大1385リッターのスペースが出現。電動テールゲートは全車標準です。

ストリート系ネイキッドバイクのトレンドリーダー、ドゥカティのモンスターがフルモデルチェンジ! パニガーレV4にも通じるスタイリングエッセンスを纏いつつ、軽量高剛性なフレーム、EURO5対応の新エンジンでモンスターらしさ満点な仕上がりです。+はコンパクトなカウルもついて、らくらくツーリングも可能でしょう!

SPEC 
ホイールベース:1474 mm、エンジン: 水冷DOHC 4バルブV型2気筒、排気量:937cc、最高出力:111hp/9250rpm、最大トルク/9.5kg-m/6500rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:14ℓ、シート高:820mm(ドゥカティ ジャパン)

ウエイトパワーレシオが初代の2倍にアップ!

TRIUMPH SPEED TRIPLE 1200RS

トライアンフ スピードトリプル1200RS 199万9000円〜

バイク

万全の電子制御で
ツーリングの楽しさも全開!

バイク

4.3インチのカラー液晶で、さまざまなデバイスコントロールやモニターできるのは従来どおりモンスターの大きな美点。今度はローンチコントロールまでついてきた、文句なしの1台です。

トライアンフのスピードトリプルといえば、3気筒エンジン搭載のブチ切れたストリートネイキッドの代名詞。今度の新型は198kgの車体になんと180psというパワーで、ウェイトパワーレシオが初代の2倍に向上。つまり加速のインパクトも2倍というわけ。さらに、楽しさは2倍どころか無限大といっても過言ではないでしょう。

SPEC 
ホイールベース:1445 mm、エンジン: 水冷DOHC 4バルブ3気筒、排気量:1160cc、最高出力:180hp/10750rpm、最大トルク/12.75kg-m/9000rpm、トランスミッション:6速、タンク容量:15ℓ、シート高:830mm(トライアンフコール)

チョッパースタイルは永遠のライダーアイコン!

Harley Davidson Sportster IRON 1200

ハーレーダビッドソン スポーツスター アイアン1200 142万7800円〜

バイク

新たな生活様式には
こんなカスタムがお似合い

バイク

ミニエイプハンドルと座り心地のいいシートで、どこまでも走りたくなるIRON 1200。オプションのタンデムシートをアレンジすれば、後ろのママだって快適。カスタムパーツもたくさんあるのが◎!

スポーツスターはハーレーダビッドソンの入門モデルと思われがちですが、初心者でも乗りやすく、シンプルでありながら個性あふれるカスタムモデルもあり、パパライダーが新たな相棒に選ぶにはうってつけ。とりわけ、チョッパースタイルのアイアン1200なら、街中からツーリングまでフィールドを選ばず楽しめますよ!

SPEC 
全長:2200mm、ホイールベース:1515 mm、エンジン: 空冷2バルブV型2気筒、排気量:1202cc、最大トルク/96Nm/3500rpm、トランスミッション:5速、タンク容量:12.5ℓ、シート高:735mm(ハーレーダビッドソン ジャパン)

記事の一覧へ