一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 MADURO STYLEの家創り第75回/1000万円台前半で一軒家が建つ新プランのコスパの秘密

RECOMMENDS

MADURO STYLEの家創り第75回/1000万円台前半で一軒家が建つ新プランのコスパの秘密

2021.03.26

この度、MADURO STYLEのセカンドラインとして、新しく始動したカジュアルプラン「Groovin’(グルーヴィン)」。前回に引き続き、今回は、なぜ1000万円台前半というコストパフォーマンスで実現できるのか、その秘密に迫ります。

MADURO STYLE総合プロデューサーで納得住宅工房の久保代表いわく、「大切なのは、無駄を省くこと。それで、かなりのロープライスでお洒落で住み心地の良いお家が建てられます」と断言。早速その答えをMADURO総編集長大久保が久保代表に聞いてみました。

久保 価格から言いますと「Groovin'」は、なんと1000万円代前半、正確な数字で言うと1398万円(税込)から注文住宅で夢のようなマイホームが建てられます。夢のようなコストパフォーマンスを誇ります。ただ誤解してほしくないのは、安さだけを目的に、この新プランを創ったのではありません。この新プランのキャッチフレーズは、「ちょうどイイ。かっこイイ。」。お客さまと納得住宅工房のコンシェルジュが、「どんなところが、ちょうどイイ、かっこイイ」のか話し合って、探していきます。そして、無駄な工程や不要なオプションは省きます。その結果、大幅なコストカットに繋がります。まさにNEW NOMALな時代の新しい注文住宅の在り方が、ここにあります。

3

大久保 えっ? 1398万円!!  前回までは、スーツではなく上質なカジュアルウエアのような家と称してきましたが、そんなに安く注文住宅で家が建てられるなんて、驚かずにはいられません! 普通に考えれば、かなりグレードを下げないと実現不可能な価格帯ですよね? 具体的にはどういった部分をコストカットしたのでしょうか?

久保 むやみにグレードを下げたわけではなく、カジュアルにしました。高級ブランドの革靴からスポーティなスニーカーに履き替えるように、上質すぎるカシミアからスウェットに着替えるように…。例えば壁を漆喰からクロス、フローリングを無垢材から複合材にドレスダウンしました。結果、このカジュアル化した素材使いが、値を下げる要因になりました。お客さまのリクエストに設計士がゼロから設計するのではなく、納得住宅工房がこれまで手掛けてきた注文住宅の設計図の膨大なアーカイブから良いとこ取りしたセミオーダー的注文住宅でプランニングしたり、打ち合わせをオンラインで行ったりして、設計費も時間も抑えることができます。お客さま全員が、ハイエンドな建材や完全すぎる注文住宅を求めているとは限りません。お客さま自身が住みやすければ十分なんです。だから、部分的にカスタマイズするぐらいが、「ちょうどイイ。かっこイイ。」なんです。そんな風に思っているご家族が多いという観点から、選択肢の自由度を広げたのです。新しい時代に合わせた、Well-being(ウェルビーイング)な家創りです。

3
3
「Groovin'」の1500万円予算の設計プラン一例。2階建て、平屋建てと多種多様な間取りで設計が可能なのは、他の大手住宅メーカーでは絶対にできません。

大久保 流行りの言葉で言うと、SaaS的なストック型で設計し、リモート接客で、デジタルシフトを実現し、無駄を省いた…まさに住宅のDX化。日本の住宅メーカーで、時代に合わせて、ここまでお客さまファーストで、ここまで新しく進化しているのは見たことありません! その結果、建築費用が大きく抑えられたとなれば一石二鳥、いや一石四鳥ですね! これまでMADURO STYLEの注文住宅では、住空間に合わせてインテリアコーディネートされたソファやダイニングテーブル&チェアなどの家具が付いてきたり、手厚いアフターメンテナンスに定評があったり…と付帯サービスが充実していましたが、その辺もお客さまが取捨選択することになるのですか?

久保 いえ、この新カジュアルプラン「Groovin’」でも、インテリアコーディネートと家具に関しては、MADURO STYLEと同グレードのものを標準仕様の中にセットさせていただきます。もちろん工事のクオリティを下げるなんて、本末転倒なことも一切しません。外壁はヘーベルパワーボード、3級の耐震等級を誇る施工などもそのままです。大事な部分はカジュアルにしません。

4
「Groovin’」は、MADUROSTYLEのセカンドライン。セカンドラインというとファーストラインの廉価版だと思いがちです。実際、大手住宅メーカーでは、そういったプランが多いのも事実。しかし、「Groovin'」は、一番大切な家族が住む場所だからこそ、「建てて満足」ではなく「住んで満足」な家創りを実現します。だからこそ、他の住宅メーカーではオプションとして、プラスで値段が上乗せされがちな仕様は全て標準仕様。耐震性が優れているのは当たり前。

大久保 それでこの価格は、本当にすごい! まさに企業努力のたまものですね。

久保 ありがとうございます。最後に「Groovin'」の特徴を以下にまとめておきましたので、ぜひご確認ください。これから全国にも展開して、より進化したENJOY HOMEを推進していきます!

「Groovin’」10の特徴

①価格帯が安い上に、家具まで付いてくるコスパの良さ!
②耐震等級3が標準装備だから、地震に強くて安心安全。
③2階建て、平屋建て、どちらの設計でも可能。
④「夫婦で料理好きだから、キッチンを大きくしたい」「映画好きだから、シアタールームを設けたい」など、さまざまなライフスタイルに対応可能。
⑤20代〜60代以上まで年齢層を問わない、あらゆる生活スタイルに対応可能。
⑥決まった間取りの規格住宅ではない、自由設計。
⑦標準仕様から、さらにカスタマイズも可能。
⑧コスパが良いので、価格を抑えながら大きな家も建てやすい。
⑨へーベルパワーボードを使用。断熱性能、防音性能、防火性能が高く、安心安全かつ快適に過ごせる。
⑩MADURO STYLEのセカンドラインなので、そのハイデザインが生かされている。

4
土地探し、敷地調査、融資サポート、自由設計、インテリアコーディネート、家具など、上記の18個の項目が本体工事価格にコミコミなのが、MADURO STYLEからDNAを受け継ぐ「Groovin’」の魅力の1つです。

 

3
納得住宅工房 代表取締役CEO
MADURO STYLE総合プロデューサー
久保 淳

1999年、納得住宅工房を設立。静岡県内にショールーム5店舗とモデルハウス3棟を展開。住宅、エクステリアに関する数々の賞を受賞。施主の感性や理想を引き出す設計提案、欧州のトレンドや伝統を取り入れた建材やオーガニック素材、ハイスペックな住宅性能をトータルコーディネートしたオーダーメイド住宅を年間150棟ほど手掛けている。アパレルショップ「ポルタロッサ」のオーナーでもある。https://www.maduro-style.com/

d

地域に家を建てたい方、興味がある方は
MADURO STYLEの公式HPへ
https://www.maduro-style.com

公式HPではMADURO STYLEのコンセプトや仕様の解説に加えて、納得住宅工房の建てた家を巡り、その魅力やオーナー様の感想をまとめた連載「週刊MADURO STYLE」も展開中です。またお問い合わせた方には嬉しい特典も!?

記事の一覧へ