一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]SUVブームの揺り返しを予感させる新顔クーペ

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]SUVブームの揺り返しを予感させる新顔クーペ

2018.12.21

かつてスーパーカー的に扱いもされたBMW 8シリーズ。リトラクタブルヘッドライトにクルマ少年は心ときめかしたものです。そんな8シリーズが再び登場。21世紀版として我々の前に現れました。ということで、その試乗インプレをポルトガルからお届け!

かねてからチラ見せされてきた、新型BMW 8シリーズが、いよいよ正式にお披露目されました。これからラグジュアリークーペ市場は、にわかに盛り上がりそうです。

BMW M850i xDrive

サーキット走行を含んでの国際試乗会

BMW M850i xDrive
新型8シリーズの国際試乗会はポルトガルの首都リスボンで行われた。しかも、かつてポルトガルGPとしてF1が開催されたことのあるエストリルサーキットでの走行も行われ、走りにもこだわるBMWの自信作だ。

 

BMW M850i xDrive


その背景には、メルセデスSクラスクーペやベントレー・コンチネンタルGT、4ドアクーペではパナメーラに人気があります。昨今のSUVブームに隠れてますが、実は、この辺もホットなんです。なので、BMWは6シリーズからクーペ系を一気に格上げ。今後、この2ドアクーペに加えてカブリオレ、4ドアのグランクーペ、そしてハイパフォーマンス版のM8も出す予定。その第一弾がこのM850i xDrive。まず見る限りかなりデザインが凝っています。フロントはもちろんリアのピラーも寝かせ、サイドガラスを見ても、その低さがわかります。ワイド&ローのボディはやはりかっこいいですね。でもって車内はラグジュアリーさも満点。高級レザーと最新のインターフェイスのマッチングは絶妙で、8シリーズがハイエンドであることを表します。

そして走り。4.4リッターV8ターボは最高出力530psを発揮しますから、スタートダッシュから高速域まで有り余るパワーが体感できる。ドライブモードを“スポーツプラス”にするとエキゾーストサウンドを轟かせるほど。しかもハンドリングは“ヨンク”にも関わらず、FRスポーツ並みの軽快なフットワーク。これぞ待ってました! の一台ですね。ヒットの予感大です!


サイズからも読み取れる新型のスタイリッシュ性

BMW M850i xDrive
BMW M850i xDrive
M850iのスリーサイズは全長4855×全幅1900×全高1345mm。これまでの650iクーペMスポーツが4895×1895×1370mmだから、なんと全長は40mm短くなった。でもってワイドは5mm広がり、高さは25mm低くなったのだからまさにワイド&ロー化されたということだ。スタイリッシュなのはこうした数字からも読み取れるだろう。ちなみにホイールベースは35mm短くなっている。

進化することで安全性まで高められる

BMW M850i xDrive
BMW M850i xDrive
インパネで目を引くのはセンターにある10.25インチのタッチ式コントロールディスプレイとメーター位置にある液晶ディスプレイ。これらがあらゆる情報をドライバーに提供するのは言わずもがな。今回はカラーで見やすくなったヘッドアップディスプレイもかなり使えた。ステアリング上のスイッチを含め「目は道に手はハンドルに」となる。

日常使いまで視野に入れたトランクルーム

BMW M850i xDrive
フロントシートはサイズ感からしてゆったりしているのは当たり前。ただ、リアシートもそれなりに使えるサイズにしてある。また、トランクサイズも比較的がんばった。トランクスルー機構を多用すれば日常的にも使い勝手は悪くないはず。2ドアクーペを普段使いするのはオツだ。

 

九島辰也/文 ビーエムダブリュージャパン/協力

RELATED

記事の一覧へ