一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]ドライブ好きパパがわがままになれる 新たな相棒登場!

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]ドライブ好きパパがわがままになれる 新たな相棒登場!

2018.12.24

クルマ好きにとって2シーターロードスターってちょっと憧れですよね。若かりし頃を思い出して一人で箱根に走りに行ったり、仲間とツーリングを楽しんだり。そんなときにピッタリの新型車がコレ。新しいZ4に注目です!

Z4

家族でドライブであれば少なくとも4つのシートは必要。ドライブ好きのパパとはいえ、家族分のシートと荷物スペースは確保しなければですね。

 

とはいえ、2台体制で臨めるなら話は別。例えば家族分のシートがある高性能SUVと2シーターロードスターなんて組み合わせ。かなりセルフィッシュなカーライフが送れるのでは。

そこでご紹介したいのがこのZ4。3世代目となるフルモデルチェンジで登場です。目玉は屋根。従来型がハードトップだったのに対し、今回は初代と同じソフトトップが採用されました。開閉はもちろん全自動。10秒もあれば頭上に青空が広がります。プラットフォームは今年10月のパリオートサロンで発表されたBMWの屋台骨となる新型3シリーズと共有。タイミング的にはZ4の方が8月にアメリカで発表されていますが、ほぼ同時といえます。サスペンション形式もほぼ一緒。11月末にLAオートショーで発表されるトヨタ・スープラとも共通という噂です。今回ポルトガルで試乗したのはM40iで、3リッター直6ターボは340psを発揮します。このサイズにしてこのエンジンはオーバースペックかもと思わせる力強さ。それに試乗して感じたのはクイックなステアリングレスポンスとダイレクト感、それと硬めの乗り心地。“M”の文字が刻まれるためか、やる気満々の仕上がりになっています。エンジンスタートさせた瞬間からアドレナリン分泌を促せる気配。そう、まさにセルフィッシュな一台。クルマ好きパパはぜひチェックを!

 

BMW Z4 M40i


あいかわらずの二枚目。キャラでクールな佇まい

BMW Z4 M40i
従来型と比較すると全長も全幅も大きくなった。もちろん前後のオーバーハングは短くタイヤを四隅に置く概念は同じなので、単純にスケールが大きくなったと考えられる。あいかわらずのロングノーズ&ショートデッキはかっこいい。
BMW Z4 M40i
ソフトトップの開閉は10秒で、時速50キロ以下であれば走行中も稼動可能。もちろん操作はスイッチひとつ。


座るとそこは戦闘機のコクピット

BMW Z4 M40i
兄弟車と同じでセンターのデジタル液晶モニターとメーター位置に配置されるモニターで様々な情報を供給する。またダッシュボード自体の造形がドライバーオリエンテッドなのもかっこいい要素。まさにコクピットと呼びたくなる仕上がりだ。
BMW Z4 M40i
モニター操作、ドライブモード切り替え、スターター、屋根の開閉はセンターコンソールで行う。


来春発売のファーストエディションと同じ

BMW Z4 M40i
Mパフォーマンスが手がけた3リッター直6ツインパワーターボの最高出力は340ps。0-100km/h 加速は4.6秒。Mスポーツブレーキ、Mスポーツ・ディファレンシャルなども装備する。コレは現在BMWジャパンがティザー広告的にホームページで露出するファーストエディションと同じユニット。


使い勝手の向上は屋根の構造と連動する

BMW Z4 M40i
従来のハードトップと異なり屋根の収納スペースがグッと減ったことでトランク容量は約50%も増えた。もちろん、そもそも期待できるほどではないが、ゴルフバッグを助手席に置いてここにはシューズと着替えが入れられる。それとトロフィーも。

 

九島辰也/文 ビーエムダブリュージャパン/協力

RELATED

記事の一覧へ