一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 エストネーション

FASHION

この季節もまだまだ使えるニット。優しいパパに見せる魔法の一枚を

2018.05.31

さらりとした肌触りと、豊かな表情からえもいわれないヌケ感が漂うミドルゲージのサマーニット。お出掛けの際はそこはかとなく品が漂い、家ではリラックスした雰囲気を醸し出せる。ときには袖をまくったり、肩にかけてみたりしてもよし。優しいパパを印象付ける今季の注目株です。

素材が良ければ良いほどに、発色も良くなるのがニットの特徴。それだけに、素材や仕立てのいい上質なニットを選ぶべし。うれしいのは、休日の相棒であるデニムだけでなく、ショーツ夏にニットを選べるのも、大人ならではのゆとりなのです。知的で上品な港区パパなら、ここは手抜かりなく。

 

1. エストネーション

エストネーション
男性●ニット2万2000円/エストネーション 03-5159-7800、デニム2万3000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033、子供●シャツ2900円、パンツ1900円/ともにブランシェス 0120-339-077

表目にコットン糸、裏目にレーヨン糸を用いたマスタードカラーが今季的なミドルゲージニット。コットンには見た目を麻に似せる「擬麻加工」が施されているため、シャリッとドライな肌触りが楽しめます。上下で表裏を切り替えたデザインもさりげない!

 

2. クルチアーニ

クルチアーニ
6万8000円(クルチアーニ 銀座店)03-3573-6059

ハイゲージニット有名なブランドではありますが、休日に着るなら粒状に編まれたミドルゲージもおすすめです。コットンにシルクとリネンを混紡したニットのシャリ感ある肌ざわりは春だって快適。もちろん冬まで着られるため、費用対効果も申し分ありませんね。

 

3. ザノーネ

ザノーネ
3万7000円(スローウエアジャパン)03-5467-5358

このなかで最も細身といえるのが、ザノーネのこちら。身頃とリブに濃淡がついており、さりげない洒落感が醸し出せますね。コットンにリネンを42%も混紡しているため、ハリがあってドライタッチ。肩掛けニットとしても重宝します。

 

4. ヌメロ ヴェントゥーノ

ヌメロヴェントゥーノ
7万9000円(ヌメロ ヴェントゥーノ 表参道)03-3746-0021

実力派デザイナー、アレッサンドロ・デラクア氏が手掛けるリッチな男女に人気のミラノコレクションブランド、ヌメロ ヴェントゥーノ。レトロな色使いのボーダーとざっくりシルエットはデザイナーの真骨頂。一枚でも主役級の活躍をかなえてくれますよ。

 

5. アー・ペー・セー

APC
2万4000円(アー・ペー・セー カスタマーサービス)03-3710-7033

デイリーユースしやすいシンプルデザインをお探しなら、アー・ペー・セーのコットンニットが大おすすめ。生成の色目は汎用性抜群。ざっくりシルエットとラグランスリーブが相まって、コンフォータブルに着回せるでしょう。

 

6. ラッド バイ デミリー

ラッド バイ デミリー
3万2000円(サザビーリーグ)03-5412-1937

かつては女性に向けたニューヨークブランドが作るだけあり、メンズラインのニットもフェミニンな印象。アイスグリーンの色味やボートネック気味の首まわり、切りっぱなしの袖やなで肩のシルエットによりコワモテパパを柔和に変身させてくれます。

 

7. ナナミカ

ナナミカ
1万7000円(ナナミカ代官山)03-6427-5901

“7つの海の家”を意味するブランド、ナナミカのオリジナルゆるニットも機能的。表面はコットンながら、肌に接する裏面はクールマックスを使っているため蒸れ知らず。ボートネックが漂わせるマリンテイストもイケております。

記事の一覧へ