一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 オニササ

DINING

観光客にもジワジワ人気!石垣島B級グルメ「オニササ®」ってなんだ?

2021.06.11

八重山諸島の玄関口「石垣島」。エメラルドグリーンの海に満天の星空、さらには石垣牛や八重山そばなど自然もグルメも満喫できるのが魅力です。そんな石垣島でジワジワ人気を集めているB級グルメ「オニササ®」という食べものがあるらしく…

石垣島B級グルメ「オニササ®」ってなに?

石垣島

沖縄県の中でも石垣島が大好きで何度か足を運んでいる私。お目当てはもっぱらマリンスポーツや離島でのアクティビティなのですが、もう1つの楽しみと言えばやはり「石垣島グルメ」を堪能すること。でもここ最近は、越境自粛もあり少々「石垣島ロス」になっていたのです。

オニササ

そんな時にたまたまテレビに石垣島の特集が。食い入るように見ていると、初めて聞く石垣島グルメ「オニササ®」の紹介が始まりました。番組紹介によると…

「オニササ®」とは

「オニ」はおにぎり、「ササ」はささみフライ。とてもシンプルなネーミングがいかにもB級グルメというカンジで好感が持てます。

オニササ
引用元/やえやまなび。

元祖は石垣島の個人スーパー「知念商会」。オニササ®は地元の方を中心に観光客からも人気の売れ筋で堂々の1位だとか。

●知念商会
沖縄県石垣市登野城1249-18
営業時間/7:00~19:00
定休日/1月1日~1月3日
※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、情報が異なる場合があります。

さらに、オニササ®はもともと「地元の高校生が発明したメニュー」でお腹を空かせた学生達が一気にエネルギーチャージをするために、おにぎりとささみフライを“ガッチャンコ”してひとまとめで食べたのが最初なのだそう。

オニササ
引用元/やえやまなび。オニササ®(商標登録第6055823号)
価格/おにぎり 70円、ささみフライ 150円。

「食べ盛りの学生、考えるメニューおそるべし…。」と思っていたのですが、石垣島ロスになっていた私は少しでも気分を高めるために見よう見まねで作ってみることに。
 

オニササっぽいやつを作ってみた

まずは三角おにぎりを作り、知念商会のおにぎりのようにふりかけをかける。今回は、我が家の定番「のりたま」を使用。

オニササ

ビニール袋にささみフライを入れ、ささみフライに味付けのソースとマヨネーズをかけ…

オニササ

作っておいたおにぎりもビニール袋に入れ

オニササ

ささみフライの形にそっておにぎりを密着させるようにギュッと変形させると…。
 

オニササっぽいのできあがり!

オニササ

見よう見まねで作ってみましたが、それとなく出来てる気がする…のは、私だけでしょうか? では、さっそくいただきます。

オニササ

うん!これは予想通りハズさない万人ウケ間違いなしの一品。

学生達の胃袋を掴むのも分かる気がします。揚げ物にソースマヨ、そこにご飯って王道だけどそのシンプルさがこれまでたくさんの方に愛されているんだと思いました。

 

B級グルメでおうち旅行気分を味わってみませんか

今回、オニササっぽいのを見よう見まねで作ってみて、新たな石垣島を発見できた気がします。そして、次に石垣島へ行った際は実際に知念商会で本物のオニササ®を食べようと心に誓いました!

なかなか旅行は難しいご時世ですが、みなさんも訪れたい地域のB級グルメを作っておうち時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。


原結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。

記事の一覧へ