一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 テイクアウトメニュー連載第56回東京・恵比寿/カフェ「マルゴデリ恵比寿」

DINING

テイクアウトメニュー連載第56回東京・恵比寿/カフェ「マルゴデリ恵比寿」

2021.06.11

新型コロナ感染症が心配で家族で外出して食事はちょっとまだまだ心配という方、多いですよね。そこでおすすめなのが、グルメ有名店が始めたテイクアウトメニュー連載。グルメ通として知られている食作家の園山真希絵さんが実際に食べてレポート。女性ならではの視点でチョイスしたお店は、ママや子供たちの味覚にも間違いなし! 第56回目は東京・恵比寿の「marugo deli ebisu(マルゴデリ恵比寿)」を紹介します。

先日(2021年5月24日)、めでたく10周年を迎えられた「marugo deli ebisu(マルゴデリ恵比寿)」さんは、木の温もり溢れる大人気カフェですが、「人に優し食べ物は地球にも優しい」というコンセプトが掲げられ、まさに人と地球に優しい配慮が、店内と食材、全てから伝わってくるんです。

e
店内の様子。

例えば、テーブルや椅子は、流木や廃材を再利用されていたり、壁には、ヘンプの茎を練りこんだ珪藻土が使われていたり、ストローは、草とステンレスの2タイプが用意されていたり…。

4
草ストローとステンレスストロー。

美しい地球環境を未来にも残していけるような取り組みをなさっているので、体想いの美味しいものを食べたり飲んだりして、自分の心身も潤いながら、地球も潤っていくなんて、最高ですよね。美味しいものを堪能してるだけなのに、なんか良いことした気分になっちゃいます(^^)。ちなみに、こちらのメニューは、スムージーを筆頭に、ドリンクもフードもソフトクリームも全てテイクアウト可能なんです。

また、可能な限りオーガニックのフルーツや野菜が使われるスムージー、フレッシュジュース、スムージーボウルは、注文が入ってから作られるため、元気な野菜と果物の逞しい美味しさもしっかり伝わってきます。

スムージーは、有機豆乳がベースですが、プラス料金で、有機牛乳や有機アーモンドミルクに変更できたり、数種スーパーフード(ヘンプシードやカカオニブ等10種類位)のトッピングも可能だったり、季節限定ドリンクも登場するので、スムージーだけでも飽きない要素満載です。

3
キンググリーンミックス850円。
2
季節限定グリーンミックス(チアシードadd in)950円。
2
すだち甘酒(アーモンドミルクに変更。ピーポーレンのadd in)1222円。

さらに、そんなスムージーを食事感覚で頂ける「スムージーボウル」も、毎日食べたいほど私のお気に入りです。特にリピートしている逸品は、「キンググリーンミックス(1550円。時々チアシードをトッピングして)」ですが、ケール(or小松菜)・バナナ・アボカド・リンゴ・デーツのスムージーの上に、バナナ・ヘンプシード・ビーポーレン・クコの実・メープルピスタチオグラノーラがバランスよく添えられ、彩りからも魅了されるんです。食べると、さらに美味しさの魅力に引き込まれますが、ボウル一杯で、かなりの満足感があり、美容と健康にもってこいな成分も目一杯詰まっているので、満腹というか、満福になります(o^^o)。

3
キンググリーンミックスボウル(チアシードadd in)1550円。
3
アサイーボウル1380円。

他にも、まだまだ私の大好物がありまして、、、よく考えたら、こちらでしか味わえないような「ヘンプおにぎり(280円)」(玄米・ヘンプシード・ヘンプオイル醤油・海苔・塩入り)と、ヘンプシード入りの「有機麦味噌のお味噌汁(300円)」は、この10年間で、スムージーとスムージーボウルより購入率が高いかもしれません^_^。

3
手前はヘンプおにぎり280円。奥はお味噌汁300円。

でも、お店特製のハンバーガーと、有機豆乳or有機牛乳で作られる「カフェラテ(640円)」や「アーモンドミルクラテ(740円)」をセットでオーダーすることも多いので、結果、全てのメニューをバランス良く網羅してました(笑)。そのハンバーガーもですが、フードメニューの大半は、動物性食材不使用のプラントベース(植物性)なので、ヴィーガンの方のファンも多いんです。

3
カフェラテ(soy)640円。

ハンバーガーの中では、平飼い卵とオリジナルスプレッドが優しいテイストを生み出す「アボカドツナバーガー(980円)」や、ソースが染み込んだ“テンペスト”のカツとキャベツをサンドした「テンペカツバーガー(1030円)」や、ココナッツミルクで作られたホイップクリームも決め手の「ヴィーガンホイップバナナバンズ(850円)」は何度トライしたことか…。

バンズは、白金「コッコ」さんに特注で作ってもらっているという「国産小麦と全粒粉入りの天然酵母パン」ですから、どこをとっても抜け目がありません。。。

3
テンペカツバーガー1030円。
3
アボカドツナバーガー980円。
3
ヴィーガンホイップバナナバンズ850円。

その上、グルテンフリーの焼き菓子や、オリジナルグラノーラ・RAWチョコレート・オーガニックココナッツバター・お米コーヒー等の物販物も充実しているので、我が家のキッチンには、「marugo deli ebisu(マルゴデリ恵比寿)」さんの商品が常に揃ってます。もう家族同然です(笑)。とにかく素材から調味料まで、拘りの塊で、白砂糖と添加物も不使用なので、安心なんですよね。だから、家族として、いつもいて欲しいんです(o^^o)。イートインもテイクアウトも基本的に1人で伺ってますが、1人占めするだけではもったいくらいなので、大切な方へのギフトとしても購入させて頂いてます。

ユニークな逸品だと、ヘンプシード・米粉・イチジク・ココナッツオイル・ヘンププロテイン・ヘンプシード等が入った「ヘンププロテインイチジクカカオケーキ(670円)」や、オープン当初から大人気の古代小麦アインコーンを使用したメイプルシロップ香る「バナナマフィン(360円)」、しっとりしつつもフワフワ食感な「甘酒ココナッツマフィン(360円)」といったスイーツや、有機ナッツとドライフルーツのアソート「フルーツ&ナッツ(2750円)」も、贈り物として好評です。

3
手前は甘酒ココナッツマフィン360円。奥はヘンププロテインイチジクカカオケーキ670円。

こんな素晴らしいお店ですから、さぞかしオーナーさんの愛情が大盛り入りなんだろうなぁと思ってましたが、、、今回の取材を機に、お店代表の橋本和美さんに、初めてお会いして、「やはり…」の一言でした。あまりにも温かいお人柄と癒しオーラに引き込まれ…。お店が流行る理由も納得でした。。。

橋本さんは、店舗の隣にあるアパレルショップ「juzu」さんをご夫婦で営んでらっしゃって、アパレル業界に30年携わってきた中で、ヘンプを使ったアイテムを多く展開なさってるんです。橋本さんがヘンプを扱われるようになったのは、日本古来の植物であり、人にも地球環境にも優しいという点に惹かれたからとのこと。

2
お店の看板スタッフさん。

そもそも「ヘンプシード」は、必須脂肪酸や、必須アミノ酸・ミネラル・ビタミン等が豊富に含まれ、栄養価に優れたスーパーフードですが、小さくても大きな力を持つヘンプの魅力をもっと知ってほしいという思いから、「マルゴデリ」さんを誕生させたそうです。ヘンプとのご縁から、地球環境にも興味が広がっていったようですが、出逢うべくして出逢った必然の出逢いなんだろうなぁと思います。ということは、そんなすてきな出逢いに出逢った私も、橋本さんや「マルゴデリ」さんとの出逢いは、必然な気もしてます^_^。

3
お店のオーナーの橋本和美さん。

そう思うと、お節介な私は、なんだかとてもお役に立ちたくなってきました。。。ただ、私は、美味しく食べて飲むことぐらいしか出来なさそうですが、これからも健康の源になって頂くために通い詰めます(^^)。長くなりましたが、皆様、身も心も健やかになる『マルゴデリエビス』さんで、自分&地球貢献しましょう♪

東京・恵比寿/カフェ
「marugo deli ebisu(マルゴデリ恵比寿)」
Data

☎03-6427-8580
東京都渋谷区恵比寿西1-17-1 1階
営業/9:00〜19:00、日曜・祝日10:00〜19:00
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。来店時は事前に店舗にご確認ください。

業界グルメ通・園山真希絵さん
紹介制飲食店「そのやま」経営者。自ら厨房に立ちながら、雑誌やTV出演・著書本出版・商品開発・講演会・料理教室や、メンタル心理カウンセラー・食育アドバイザー・ベビーシッター・六次産業・全国各地の親善大使なども務める。YouTube「正義の味塊YouTube」公開中。新刊著書「大切な人と大切な自分に贈りたい365日の愛言葉」、好評発売中。

3

記事の一覧へ