一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 日傘デビューは雑誌付録で!エディフィスの晴雨兼用折りたたみ傘を開いてみた

RECOMMENDS

日傘デビューは雑誌付録で!エディフィスの晴雨兼用折りたたみ傘を開いてみた

2021.06.11

梅雨時季はもちろん、夏に向けて、日傘としても使える晴雨兼用の折りたたみ傘を1本持っておけば外出時も安心です。そんな時、雑誌付録で恰好のアイテムが! 「MonoMaster」7月号の特別付録、エディフィス「日傘としても使える折りたたみ傘」を買ってみました。

持ち歩きやすいスリムでコンパクトなサイズ感

“遊び心あるモノ・コト”が見つかる大人のライフスタイルマガジン「MonoMaster」7月号には、特別付録として、人気セレクトショップ「エディフィス」の晴雨兼用折りたたみ傘がついてきます。価格は驚きの1090円。

日傘01

梅雨の時季はもちろんのこと、ゲリラ豪雨も多い今、かばんの中に折りたたみ傘がある安心感はゆずれません。常に持ち歩くためにも、本体がスリムでコンパクトであることは最重要です。

採寸してみると、閉じた状態は24×3cmで、鞄の隙間に差し込みやすいスリム感。開いた状態は56×90cmで、しっかりと雨や日差しをガードしてくれます。重さは約230gでリンゴ1個よりも軽いそう。

日傘02
日傘03
日傘04
A5サイズのノートと比べてみると、そのコンパクトさが伝わります。

 

猛暑が予想されるこの夏、日傘はマストアイテム

雨の日も安心な撥水加工で、遮光率100%、UVカット率99.9%(※一般社団法人日本繊維製品品質技術センターによる生地テスト結果)。晴雨兼用であるのもうれしいポイントです。

日傘は女性が持つもの、というイメージもあるかもしれませんが、毎夏、厳しい暑さが続く今、日傘はもはや女性のためだけのものではありません。

日傘05

「日傘男子」は、実は2013年にユーキャン新語・流行語大賞にノミネート。2020年には「一般社団法人 日傘男子協会」も発足し、その市民権は徐々に拡大中です。

さらに、ウェザーニュースからは今年の夏は猛暑になると予想がでており、日傘の必要性は身に迫るものになっています。突き刺すような日差しから身を守るために日傘をさす男性はスマートです。

傘本体の色は男女とも持ちやすいネイビー。エディフィスのロゴがさりげなく入っています。

日傘06

ワンアクションで開閉できるのもうれしいポイント。

日傘07

カバーはグレーとネイビーのクールなストライプ柄。ぴっちりサイズなので、本体の収納に少々てこずりますが、くるくると本体を回転させながら押し込んでいけばしっかり収まります。これくらいぴっちりのほうが、広がらずにいいのかもしれませんね。

日傘08

わざわざ日傘を探して買うまではなくても、雑誌付録でついてくるならば気軽に手を出すことができそうです。今年の夏は、「日傘男子」を始めてみませんか?

 

●宝島社 MonoMaster

 

多加木亜澄

雑食系Webライター。好きになったら一直線。何にハマるかは自分でも謎なので、好きなものに一貫性がないとよく言われます。グルメ、ファッション、音楽、テレビ・マンガなどエンタメ全般、ご当地モノが得意。

記事の一覧へ