一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 汚れや傷こそ味になる。一枚革を贅沢に使用したエプロンはキャンプの必需品

NEWS

汚れや傷こそ味になる。一枚革を贅沢に使用したエプロンはキャンプの必需品

2021.06.12

SKLOは、キャンプ・焚き火での使用に特化したエプロンの受注販売を開始。溶接手袋など火を扱うプロの現場でも重用される革を、継接ぎすることなく一枚革で贅沢に使用したこだわりのつまった一品。キャンプ・アウトドア好きな方へのプレゼントにもぴったりです。

溶接手袋にも使用される、軽くて丈夫な革を使用

1

焚火よりも、遥かに熱い溶接の火花は2000〜3000℃。焚火エプロンでは、タフな現場で用いられている床ベロア革を採用。革だからこそ、使い込むほど柔らかくなり、身体に馴染んでいきます。

できる限りシンプルに設計されたポケットとループ

1

「必要最低限のデザイン・機能だからこそ、長く使える」という考えのもと、キャンプでの使用シーンを想定し、シンプルさを追及。

前面にひとつだけ配置されたポケットはあえて浅く作られ、座ったままでの物の出し入れがしやすいように配慮。ループにはタオルやハンマーなどを掛けておくことができ、必要なときにパッと手に取れる仕様になっています。

革だからこそ、汚れや傷こそ味になる

1

キャンプでは、焚き火に加え荷物の運搬、テント設営や薪割りなどがエプロンの汚れや傷になる可能性がありますが、少しずつゆっくりと風合いが変わり、それが他のエプロンとは全く異なる個性になります。ガシガシ使って、自分だけのエプロンを育ててみては?

商品名/一枚革でつくる本格 焚火エプロン
価格/シンプル 1万4000円、スタンダード 2万円、オールレザー 2万8000円
カラー/マスタードイエロー、ストーングレー、オリーブグレー
サイズ/920×580mm
重さ(本体のみ)/シンプル 約550g、スタンダード 約620g、オールレザー 約620g

●SKLO
044-281-0366

記事の一覧へ