一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 小籠包

DINING

ローソン、ファミリーマート、セブン−イレブン!「小籠包」食べ比べ!ちょい旅気分が味わえるのは?

2021.07.15

日本で人気が盛り上がる台湾料理。そこで、今回は身近に手に入るコンビニ(ローソン、ファミリーマート、セブン−イレブン)の小籠包を、様々な視点から食べ比べてみました! はたして、台湾気分を味わえる小籠包はあるのか⁉

食べ比べた小籠包はこちら!

1.ローソン「小籠包」

小籠包
今回食べ比べた中で一番低カロリー。しかも唯一のレンジ調理OK! サッと食べられるのがうれしい小籠包です。
商品名/小籠包
価格/198円
カロリー/1袋あたり165kcal

 

2.ファミリーマート「スープ溢れるつるもち小籠包」

小籠包
他コンビニでは合い挽き肉や産地の記載なしの豚肉を使用する中で、ファミリーマートは国産豚肉一本勝負! 気合いの小籠包です!
商品名/スープ溢れるつるもち小籠包
価格/200円
カロリー/1袋あたり222kcal

 

3.セブン−イレブン「お肉とスープにこだわった小籠包」

小籠包
「お肉とスープにこだわった」というだけあり、ボリュー厶感が魅力の小籠包です!
商品名/お肉とスープにこだわった小籠包
価格/213円
カロリ/1袋当り193kcal

 

食べ比べてみた結果!

小籠包

ここからは私が実際、過去に台湾で食べ歩いた小籠包の記憶を呼び覚まし、より本場に近いのはどれか選んでみました。

① 皮 「セブン−イレブン」

小籠包の中のスープが透けて見えるぐらい薄い皮が理想的。3商品とも、もっちり食感の皮ですが特にセブン−イレブンは箸で掴むと破れてしまうのではないかと思うくらい薄皮の印象でした。ローソンも薄皮でしたが、レンジ調理がゆえに均等にふんわりせず、少し硬めの部分が残る印象でした。

② スープの量「ファミリーマート」

スープは個人的にダントツで「ファミリーマート」でした。皮が少し厚めの印象でしたが、箸で割ると中からジュワ~っとたくさんのスープが溢れ出します。レンゲ必須ですよ!

③ 形 「セブン−イレブン」

小籠包

包んだ時のヒダが一番くっきり出ていて、台湾で食べた小籠包の形によく似ていたのでセブン−イレブンに決定。

【総合結果】セブン−イレブン

今回の中では、セブン−イレブンが総合的に見て一番台湾の小籠包に近いと思いました。が、どれもとても美味しい小籠包だったので、コンビニでこのクオリティを手軽に買えるのは嬉しいですね。

コンビニグルメでちょい旅気分はいかが?

まだまだ外出自粛は続きそうですが、身近なお店で少しでも旅気分を味わってみませんか? きっといつもの食卓がワンランクアップして楽しめるかもしれませんよ。

原 結
食べ歩きや旅行、アウトドアが大好きなアクティブ系女子。旅先でもショッピングは二の次、自然とのふれあいを求めてしまうタイプです。話題のレシピや新商品のレポートなど毎日の暮らしに役立つ情報をお届けします。

 

記事の一覧へ