一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [九島辰也のDRIVEN MADURO]SUV好きパパも気になるマカンがブラッシュアップ♡

CAR

[九島辰也のDRIVEN MADURO]SUV好きパパも気になるマカンがブラッシュアップ♡

2019.01.17

ポルシェの中でも都会的なコンパクトSUVであるマカン。 日本はもちろん世界中で人気なのは言わずもがな。 よって正常進化的ブラッシュアップでさらに魅力アップ。 でもってその中身を知るためスペインでテストドライブです。

港区パパも気になるマカン。ポルシェのラインナップでもひときわ都会的な雰囲気を醸し出しています。スポーティかつエレガントなデザインもそうですし、サイズもそう。日常使いを鑑みればベストチョイスですよね。

そのマカンが初めてマイナーチェンジしました。ただ、ご覧のように「どこが変わったの?」って感じ。そりゃ2014年の登場からすでに35万台超の販売台数を誇る人気モデルですから、そう簡単に大幅変更しません。兄弟車のようにヘッドライトに4つのLEDが組み込まれ、テールライトが左右一本になったくらい。新鮮さをアピールする程度です。

ですが、今回スペインのマヨルカ島でステアリングを握ったら違うんです。試乗したのは直4エンジンのマカンとV6エンジンのマカンSですが、どちらも乗り心地はよくなりハンドリングも軽快さを増していました。V6のエンジン出力が変わっていますが、それ以外はギアボックスを含めキャリーオーバー。なのに違うんです。

これはサスペンションを含めた最終的なセッティングに違いがあると思われます。ボディまわりの剛性アップや素材変更による軽量化のたまものでしょう。ステアリングに対するレスポンスはパワステの設定で演出はできますが、こうした背景がないと運動性能は高まりません。察するにポルシェは今回その辺にチカラを注いだようです。

いろいろな要素がマカンをさらにポルシェらしくしました。これで注目度はまたまたアップ。港区パパが本気でママに購入を相談する日は近そうです。
 

じつは"タウン&カントリー"なデザイン

マカン
マカンS
写真は21インチのホイールを履いたマイアミブルーのマカンS。国際試乗会でのイメージリーダー的存在だった。地中海に浮かぶマヨルカ島の青い空にピッタリの雰囲気。都会派SUVだが郊外のワイナリーもよく似合う。


モニターのワイド化はまさにトレンド

マカン ダッシュボード
インテリアの目玉はダッシュボードセンターのワイドモニター。従来、モニター左右にあったエアコン吹き出し口を下へ移動して組み込んだ。便利機能が増え、使い勝手も格段に向上した。


エンジンも抜かりなし! V6は少しだけパワーアップ

マカン エンジン
マカン エンジン
パワートレーンにも大きな変更はない。これまで同様マカンに2リッター直4ターボが、マカンSに3リッターV6ターボが搭載される。組み合わされるギアボックスはどちらも7速PDK。ただ、V6は従来最高出力340ps、最大トルク460Nmだったものがそれぞれ354ps、480Nmと上がっている。今後"ターボ"など順次追加される予定だ。


新世代ポルシェのアイコンが注入された

マカン ヘッドライトユニット
マカン リアコンビネーションランプ
今回の重要変更ポイントはこの2点。4つのLEDが光るヘッドライトユニットと左右が一本につながったリアコンビネーションランプだ。これで兄弟車と同じ新世代ポルシェのアイコンを持つことになった。もちろん、バンパー周辺も小変更。ホイールはマカンも同Sも標準は18インチ。が、会場のマカンは20、同Sは21インチだった。

 

九島辰也/文 ポルシェ ジャパン/写真提供

RELATED

記事の一覧へ