一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 街中でも着れる(!?)ラッシュガードで日焼け対策

FASHION

街中でも着れる(!?)ラッシュガードで日焼け対策

2018.06.21

夏を目前にしたこの季節。休日服の選びで大切なのは、海でも街でも使えるという目線。特にリゾートにおいては、そんなところがポイントになりそうですよ。

本格的なサーフィン用ラッシュガードじゃなく、ともすれば街でも着られるほどのデザインを。ストレッチの効いたこの1着は、ピタピタすぎず&総柄で、海以外でも気持ちいい。もちろん、日焼け対策にも有効ですしね。

メイン
男性●ラッシュガード1万5000円/パタゴニア(パタゴニア カスタマーサービス 0800-8887-447)、パンツ3万9000円/スタジオニコルソン(キーロ 03-3710-9696)、靴5万9000円/ピエール アルディ(ピエール アルディ 東京03-6712-6809) 女の子●ラッシュガード3400円、水着3700円/ともにブランシェス 0120-339-077、サンダル4900円/ズーム 078-230-3210

 

1. ビラボン

ビラボン
8500円(ジーエムエスジャパン 0120-112-773)

シンプルなホワイトがリゾートな砂浜に似合う

フード内のプリントとポケットのラインデザインが、シンプルなホワイトをビーチ顔に。吸水速乾性に優れているので、海上がりもすぐにサラリ。紫外線カットももちろん完備とあって、ママに貸してあげるのもアリです。

 

2. ボルコム

ぼるこむ
7800円(ボルコム ジャパン 03-5771-4560)

アイキャッチ性抜群なミリタリー×スポーツ

独特なツリーカモがデザインされたこちら。フロントジップのフーディ仕様と相まって、夏のスポーツMIXコーデにも活躍してくれます。とはいえ、ストレッチ性の高さや紫外線カットなど、そのスペックはもちろん海でも大活躍ですよ。

 

3. ヘリーハンセン

ヘリ班
6900円(ヘリーハンセン 原宿店 03-6418-9669)

ビーチからドライブまで幅広く活躍してくれます

海だけでなく、プールなどにも使用できるように、耐塩素糸を採用したフルジップのラッシュガード。イージームーブという立体設計で、ストレスフリーな着心地を実現。動きやすさを求めたパターンで水辺への移動もラク。

 

4. ハーレー

ハーレー
6500円(ハーレー 03-4463-7000)

夏気分をとことん満喫ならばココが頼りに

このロゴが見えるだけで、断然夏気分は高まるというもの。サーファー御用達ブランドですが、こんなモノトーンならパパにだって似合います。スタンドカラーのジップアップなら、

街着としても併用可能。汗をかいても、速乾性に優れているので安心。

 

RELATED

記事の一覧へ