一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 [クルマ]世界のクルマ好きパパも注目する復活の "スープラ"

CAR

[クルマ]世界のクルマ好きパパも注目する復活の "スープラ"

2019.02.07

トヨタとBMWの協業となるモデル、スープラ登場! 北米自動車ショーでついにその姿を現しました。ということで、昨年のプロトタイプ試乗とともにレポート。とにもかくにも注目です!

TOYOTA SUPRA RZ [トヨタ スープラ RZ]

トヨタ スープラ RZ
価格未定
エンジン:3ℓ直列6気筒ターボ、最高出力:340ps(250kW)/5000-6500rpm、最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm、全長×全幅×全高:4380×1865×1295mm、車両重量:1520kg(トヨタ自動車 お客様相談センター)


サーキットで試乗させるほど腕に自信あり! の仕上がり

走りはかなりスポーティ。ステアリング操作に対し、堅牢なボディが一体となってクルマの向きを変えてくれます。しかもそのときのリアの粘りは相当なもので、限界の高さもうかがえます。まだプロトタイプなので最終的なセッティングではないとのことですが、仕上がりは上々でした。
 

カモフラージュされても魅力はバッチリ伝わる

トヨタ スープラ RZ
写真は、昨年に千葉の袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプの試乗模様。派手なカモフラージュ柄で覆われていますが、ロングノーズ&ショートデッキのスタイリングはバッチリ。新FRスポーツの登場です!

話題ですこのクルマ。わかりますか? スープラです。先だって1月14日デトロイトで行われたモーターショーで発表されました。いやぁ、派手なカラーリングで…ってわけではなく、上の写真はそのプロトタイプ。2018年12月、千葉にあるサーキットでテストドライブしたときのものです。

スープラと聞いてピクッと反応したパパもいらっしゃることでしょう。90年代には憧れた方も多いのでは。なんたって数少ない世界に誇れるFRスポーツカーですから。

で、新型はその復活版で5世代目となります。当時と違うのは完全な2シータークーペだということ。というのも、ハードウエアはBMW Z4と共有します。プラットフォーム、シャシー、パワートレーンは基本的に同じ。ただ、デザインは当然ですが、味付けも徹底的に変え、イマドキのトヨタらしい走りを具現化しています。

実際にサーキットで走らせましたが、それを強く感じました。決してピーキーな仕上がりではなく、軽快な中にしっとり感があり、懐に深さがあります。昨年11月にポルトガルで一足早くZ4にも乗っていますが、それとはまるで別物でした。まぁZ4はオープンカーということもありますが。

それはともかく、世界でのスープラの注目度は、我々日本人が思っている以上に高いのです。SUV全盛の中。皆さんスポーツカーに飢えているのでしょうか、モーターショー会場のトヨタブースは大盛況。いいですね。こういうのって。この盛り上がり、日本人としても鼻が高いです!
 

歴代モデルとの違いは完全なおふたり様仕様

トヨタ スープラ RZ 2シーター

キャビンは完全な2シーター。そこが2+2だったこれまでのスープラとは大きく異なるところ。とはいえ、ドライビングポジションに窮屈さはありません。特徴はとにかく太いセンターコンソール。FRスポーツであることをアピールします。
 

ボンネットの下に収まるのはあのストレート6

トヨタ スープラ RZ エンジン

最高級グレードのRSに搭載されるエンジンはBMW製の3ℓ直6ターボ。最高出力は340psです。とはいえ、当然そのままではなく、プログラミングに手を加え、トヨタイズムを表現。サスペンションのセッティングを含めてここで個性出し。
 

デトロイトモーターショーで市販型デビュー

デトロイトモーターショー スープラのワールドプレミア
スープラ

スープラのワールドプレミアをトヨタは年初のデトロイトモーターショー会場としました。その背景には、北米における歴代スープラのヒットという実績があります。つまり、新型はそのマーケットに向けてのデビューとなったのです。それだけに、会場での人気は相当なものでした。ちなみにこのモデルの開発コードはA90。先代スープラの型式がA80だったことからも、新型スープラがその系譜であることを物語っています。


問い合わせ先
トヨタ自動車 お客様相談センター ☎0800-700-7700

九島辰也/文 トヨタ自動車/写真提供

RELATED

記事の一覧へ