一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン
 タイへ行くなら、LCCのお得なビジネスクラス「スクート ビズ」が常識です!

VACATION

タイへ行くなら、LCCのお得なビジネスクラス「スクート ビズ」が常識です!

2018.06.26

成田―バンコク間を直行便で結ぶLCC「スクート」。フライト時間は約7時間、しかもコスパも最良ということで、賢いビジネスパーソンの定番ブランド化しています。ネットワークの拡大によりますます利便性が高まる中、特に話題の“スクート ビズ”を徹底解説します。

小さい差額で大きく得する広々シートの快適空間!

メイン

実はこの「スクート」、全路線をボーイング787ドリームライナーで運航した世界初のLCCだってご存じ? フルサービスキャリア同様の広さを誇るキャビンは、天井が高いのでさほど閉塞感もなく、長時間の移動でも快適なんです。

空の旅といえば、機内が乾燥していてノドを痛めてしまう…という人も多いですが、ご安心を。加湿器装備のおかげで客室内湿度は4倍に保たれているので、乾燥対策のマスクも不要。ママのお肌にもダメージが少なく、メイク崩れだって抑えられます。また、全4種類の料金設定から、ビジネスクラス〝スクート ビズ〞を選ぶことで、より心地良いフライトに。最安値のエコノミーシート(座席購入のみ)と比べても差額は1万円程度と割安で、機内食とワンドリンクが付いて、座席指定や電源使用も無料になるので、断然お得なんです。

サービス過剰にならず、それでいて全く不自由もない。そんなLCCならではの合理的配慮は、旅慣れた利用者たちにも支持されています。国際線では大抵ひとりひとりに配られる無料のアメニティやクッション、ブランケットはありませんが、これは2012年のサービス開始から変わらない〝スクーティチュード〞の一環。スクートらしさを守り、〝本当に必要なものだけにお金を使ってほしい〞という理念。ロープライスで優秀な「スクート ビズ」で行くバンコク。夏休みの予約はいかがですか?

 

ポイント 1  広々レザーシートで快適!

レザーシート

LCCのイメージを覆す開放的な客室とゆったりシートが特長。高級感のあるふかふかのレザーシートは、長時間フライトの疲れを忘れさせるリラックスチェアのよう。全席レッグルームは96cm、シート幅は56cm、そしてリクライニングと可動式ヘッドレストも備わっています。通常課金される座席指定も「スクート ビズ」なら無料です。

 

ポイント2 シート電源が無料!

電源

電子機器を無料で充電できることも特典の一つ。フライト前にノートパソコンやタブレット、スマートフォンに「スクートTVアプリ」をダウンロードしておけば、機内で100以上の映画やテレビ番組などが視聴可能。もし息子や娘がぐずっても、アニメを見せて落ち着かせられるので、周りのお客さんに迷惑がかかるかも…なんて心配も無用。

 

ポイント3 優先搭乗でノーストレス

優先搭乗

いいこと尽くしのスクートですが、その人気もあって成田空港のカウンターは長蛇の列ということも…。でも大丈夫! スクート ビズなら優先チェックインができるうえ、目的地に到着してからも先に機外へ案内してもらえます。並ぶわずらわしさもなくなり、搭乗からイミグレーションまで“スマートなパパ”をアピールできそう!

 

ほかにも、こんなに魅力が!

ポイント4 熟睡できるリクライニング

ポイント5 食事+1ドリンクサービス

ポイント6 機内持込手荷物は2つまで

シートは20cmまでリクライニングが可能で、ヘッドレストを調整して自分に合った就寝体勢をキープできます。ウェルカムドリンクや種類豊富な機内食とドリンクも無料提供。さらに合計15kg までの手荷物の持ち込みもOKなので、免税店で大量購入しても問題なし!

 

最低限必要なものをミニマム価格で提供

シンガポールを拠点に、世界中の利用者にお得でスマートな旅を提供している「スクート」。タイ国内線LCC「ノックエア」とのパートナー契約により、バンコク(ドンムアン空港)経由でプーケットやチェンマイなど、タイ国内20以上の就航地への乗り継ぎがスムーズになりました。今後もネットワークはますます拡大!

 

問い合わせ

スクート ☎03-4589-9464 

http://www.flyscoot.com

 

記事の一覧へ