アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
ランボルギーニ「カウンタック」が814馬力で復活!最速355km、世界112台限定ハイブリッド

CAR

ランボルギーニ「カウンタック」が814馬力で復活!最速355km、世界112台限定ハイブリッド

2021.08.17

1970~80年代の“スーパーカーブーム”を牽引した、あの「カウンタック」が現代に蘇える! アウトモビリ・ランボルギーニは、新型「カウンタック LPI 800-4」を世界初公開。ランボルギーニ50周年を祝うモデルとして、112台限定で生産されます。

引用元/ランボルギーニ。
ランボルギーニ・カウンタック
1974~1990年にかけて製造されたスーパースポーツ。高級感のあるスタイリングやリトラクタブルヘッドライト、シザードア、特徴的なテール……いまだに熱狂的ファンをもつその姿は、日本のスーパーカーブームの代名詞的存在です。

最高出力375馬力のV型12気筒4.0リッターエンジンを搭載した初代モデルのほか、最高出力455HPのV型12気筒 5.2リッターエンジンを搭載したカウンタック25周年記念モデルなども生産されました。
引用元/ランボルギーニ。
最高速度355kmのハイブリッドカー
高いデザイン性だけでなく、最高レベルのパフォーマンスもカウンタックの魅力。新型「カウンタック LPI 800-4」に搭載された6.5リッター780馬力 V12エンジンは、ギアボックスに直接取り付けられた48V電気モーターと組み合わせるハイブリッドモデル。システム全体の最高出力は814馬力、最高速度355km/h、0-100km/h加速2.8秒という並外れたスピードを実現しています。
引用元/ランボルギーニ。
初代を踏襲しつつ現代版へアップデートしたデザイン
2021年に蘇った現代版カウンタックのボディサイズは、全長4870×全幅2099×全高1139mm。上方に跳ね上がるシザードアなどのアイテムが採用されるなど、初代カウンタックのもつ特徴的なスタイリングがしっかりと再現されています。
引用元/ランボルギーニ。
引用元/ランボルギーニ。
現代版ランボルギーニにふさわしいボディ
一体型のモノコックシャシーシとボディパネルはすべてカーボンファイバー製。ねじり剛性と軽量性を両立することで、乾燥重量1595kg、出力比率1.95kg/CVを実現しました。

また、3Dプリントによる「可動式エアベント」や、ボタン操作で透明化する「フォトクロマチック・ルーフパネル」などの現代的な装備も多数搭載。新型カウンタックは“未来を映す自動車”として、新たなデザイン&テクノロジーを採用しています。
引用元/ランボルギーニ。
車種/カウンタックLPI800-4
価格/未発表
エンジン/V型12気筒6500cc
エンジン最大出力/780㏋/8500rpm、最大トルク73.4kgm/6750rpm
モーター/48V、最大出力34㏋
トランスミッション/7速
乾燥重量/1595㎏
速度/最高355km/h、0-100km/h加速 2.8秒、101-200km/h加速 8.6秒
販売台数/112台限定
納車/2022年第1四半期(予定)
●ランボルギーニ
記事の一覧へ