アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【2022年発売】トヨタ、新型EV「bZ4X」の日本仕様公開!一充電で約500km走行&先進機能を多数搭載

CAR

【2022年発売】トヨタ、新型EV「bZ4X」の日本仕様公開!一充電で約500km走行&先進機能を多数搭載

  • 2021.11.02

トヨタ自動車が、新EV「bZ」シリーズの第1弾となるSUVタイプ「bZ4X(ビー・ズィー・フォー・エックス)」の詳細を発表。米国や欧州、日本、中国などを中心に、2022年半ばより世界各地で発売される予定です。

低重心&高剛性。安心して使えるBEV性能
シリーズの基礎となるEV専用プラットフォームをスバルと共同開発。「薄型大容量電池パックを床下・平置き配置」「モーター、トランスアクスル、インバーターを一体化したe-Axleの初採用」などで低重心化を、「軽量・高剛性なボディ構造を採用」「電池パックやBEVユニットなど、各部の剛性を向上」などで高剛性化を図りました。
引用元/トヨタ自動車。
省エネ性能向上と航続距離の確保
空力性能の追求やボディユニットの軽量化のほか、ヒートポンプ式エアコンやシートヒーターなどを採用することで冬場の暖房使用による消費電力を抑制。一充電あたりの走行距離(WLTCモード)をFWD車で500km前後、AWD車で460km前後にまで高めました。
引用元/トヨタ自動車。
また、年間走行距離(相当)1800kmの発電量を生成できる「ルーフソーラーパネル」を搭載。航続可能距離を確保することで、冬場も安心して走行できます。
BEV専用プラットフォームによる、ひとクラス上の広い室内空間
車両サイズは全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm、足元の広さは前後ともミディアムセグメントSUVクラストップ。タンデムディスタンス(前後シート間距離)はDセグメントセダン並みの1000mmを確保しています。
引用元/トヨタ自動車。
引用元/トヨタ自動車。
遮音性の高いガラスが風切り音の減少などに貢献。走行中でもスムーズに会話でき、静かな空間がストレスのない走行をサポートします。
新しいドライビングをサポートする新機能
ステアバイワイヤシステムと異形ステアリングホイールを組み合わせた「ワンモーショングリップ」をトヨタではじめて採用。ドライビングポジションの自由度、乗降性の向上はもちろん、操舵感向上や車両の安定性も確保しています。
引用元/トヨタ自動車。
このほか、予防安全性能や衝突安全性能、ダイヤル式シフト、デジタルキーなど多彩な機能を搭載した「bZ4X」。日本での販売価格や正式な発売日についてはまだ発表はありません。ひとまずは主要諸元をチェックしながら、続報を楽しみに待つとしましょう。
引用元/トヨタ自動車。
車種名/bZ4X
価格/未発表(2021年11月1日時点)
サイズ/全長4690×全幅1850×全高1650mm、ホイールベース2850mm
車両総重量/2195kg~(FWD車)、2275kg~(4WD車)
最小回転半径/5.7m
一充電走行距離(WLTCモード)/500km前後(FWD車)、460km前後(4WD車)
乗車定員/5人
総電圧/355V
総電力/71.4kWh
充電性能/6.6kWh(AC充電器最大出力)、最大150kW(DC充電最大出力)
駆動方式/前輪駆動(FWD車)、四輪駆動(4WD車)
0-100km/h 加速性能/8.4秒(FWD車)、7.7秒(4WD車)

●トヨタ自動車
記事の一覧へ