アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
日産「リーフe+」でロングドライブへ!航続距離458kmに進化したEVは、441万7600円から【最新EVカタログ】

CAR

日産「リーフe+」でロングドライブへ!航続距離458kmに進化したEVは、441万7600円から【最新EVカタログ】

  • 2022.01.03

流行りの電気自動車(EV)&はこんなに充実! 新車で買える&発売予定の、今すぐ欲しい最新車種をラインアップ。

航続距離が伸びて、さらに乗りやすくなった日本のトップランナー

常に進化を遂げている、日産初の量産型電気自動車「日産リーフ」。航続距離が約40%アップした「e+」では、航続距離458km(WLTCモード)を実現しました。
e+の大容量62kWhバッテリー。引用元/日産。
「日産リーフ」のデザインをそのままに、フロントバンパー下部にブルーのリップスポイラー状のパーツを追加。広々とした、上質感とハイテク感にあふれる室内空間も魅力。シートやドアトリム、ステアリングホイールなどに鮮やかなブルーのステッチを施し、日産のEVであることを表現しています。
引用元/日産。
専用フロントバンパー。引用元/日産。
航続距離を気にせず安心ドライブ
バッテリー容量低下の抑制や耐久性向上などにより、バッテリーの高寿命化を実現。エネルギー密度を約25%向上させたことで、室内空間やデザインを犠牲にすることなく容量を55%アップ。通常の「リーフ」と同様、バッテリー容量「8年、16万km」を保証しています。
引用元/日産。
リチウムイオンバッテリーの配置などを適正化し、さらなる低重心化を実現。インテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)が車体の上下の動きを予測し、モーター(駆動力)を制御させることでデコボコ道などでの車体振動を低減します。
引用元/日産。
思い通りのコーナリング性能
低重心レイアウト×高剛性ボディによって、ハンドリングへの応答性を向上。インテリジェント トレースコントロールがコーナリング時に4輪それぞれのブレーキを制御することで、より滑らかで安心感の高いコーナリングを叶えました。
引用元/日産。
充電ポートに「e+」ロゴが配された技ありデザイン。引用元/日産。
「NissanConnect」サービスでより便利に
NissanConnect ナビゲーションと車載通信機(TCU)を通じて、ネットワークに接続。バッテリーの残量確認や充電タイマーのセット、最寄りの充電施設探し、乗車前のエアコン作動など……さまざまな機能を利用できます。
引用元/日産。
車種名/日産リーフe+
グレード、価格/e+ G:499万8400円、e+ X:441万7600円、e+ AUTECH:469万2600円、e+ アーバンクロム:471万200円
SPEC (e+ G 2WD)
駆動用バッテリー/リチウムイオン電池
バッテリー容量/62kWh
総電圧 /350V
原動機/EM57
最大トルク/340(34.7)/500~4000 (N・m(kgf・m)/rpm)
最高出力/160(218)/4600~5800 (kW(PS)/rpm)
定格出力/85
サイズ/全高1565×全長4480×全幅1790mm
駆動/2WD

●日産
記事の一覧へ