アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
武豊さんも愛用!ベンツのEV(電気自動車)「EQC400」は美しさと力強さが魅力【EVカタログ】

CAR

武豊さんも愛用!ベンツのEV(電気自動車)「EQC400」は美しさと力強さが魅力【EVカタログ】

  • 2022.01.26

流行りの電気自動車(EV)&はこんなに充実! 新車で買える&発売予定の、今すぐ欲しい最新車種をラインアップ。

メルセデスベンツならではの美しく力強いEV車

2022年1月3日に、コンセプトカー「ヴィジョンEQXX」(Mercedes-Benz Vision EQXX)を発表した、メルセデス・ベンツ。航続距離1000kmを想定した次世代EV車の構想に、メルセデスのEV車への強い思いがうかがえます。

そんなEV車に力を注ぐメルセデスが2019年7月に日本で正式発表したのが、今回ご紹介する「EQC」。日本を代表する騎手 武豊さんをはじめ、多くの人を魅了するEV車です。

デザイン性の高さを持ちつつ、パワフル

引用元/メルセデス・ベンツ。
SUVの迫力とクーペの優美なラインがマッチした、100%メルセデスの電気自動車「EQC」。メルセデス独自の四輪駆動システム「4MATIC」を採用しています。
AMGライン装着車。引用元/メルセデス・ベンツ。
高出力モーターを、フロントとリアのアクセルに1基ずつ搭載した「ツインモーター」。最高出力は408PS(300kW)、最大トルクは765N・mの高いポテンシャルが魅力です。

通常走行時はフロントモーターのみで走りますが、追い越しなどの加速時にはリアモーターと4MATICで、強烈な加速を実現します。
AMGライン装着車。引用元/メルセデス・ベンツ。
2021年2月、欧州仕様車に「AMGライン」を設定。AMGラインには、ツインブレードデザインの専用ブラックパネルフロントグリルが採用されています。AMGならではの、シャープなグリルが印象的です。
引用元/メルセデス・ベンツ。
ライトに ブラック地にうっすらブルーのラインが加えられた、スタイリッシュな印象のマルチビームLEDヘッドライト。
引用元/メルセデス・ベンツ。
メルセデスの名にふさわしい、上品なインテリアもEQCの魅力の一つです。
引用元/メルセデス・ベンツ。
操作性に富んだステアリングまわり。ドライバーが大きなアクションを起こさなくても、各種機能が操作しやすいように設計されています。

急速チャージにも対応

引用元/メルセデス・ベンツ。
EQCは容量80kWhのリチウムイオンバッテリーを使用。航続距離は国内のWLTCモードで約400kmです。充電は自宅や商業施設など、あらゆる場所でできるため、安心してEV車ライフが楽しめます。

自宅の充電ウォールユニット(6kW/30A)の場合は、約13時間で満充電。商業施設などに設置されている「急速充電器(CHAdeMO)」を上手に活用すれば、よりスピーディな充電が可能です。

感動のユーザー体験が楽しめる

引用元/メルセデス・ベンツ。
メルセデスならではのユーザー体験ができる、インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス」を採用。「ハイ、メルセデス」と話しかけるだけでシステムが起動。「カフェに行きたい」など、まるで人に語りかけるようにクルマに話すほか、指先でのシンプル操作で、車両設定やインフォテインメント機能が活用できます。

ドライバーの趣向や行動を学習するため、乗れば乗るほど愛着がわき、あなたを心強くサポート。充電ステーションの場所が知りたいときも活用でき、ドライバーに快適さを提供します。

メルセデスならではの高い安全性

引用元/メルセデス・ベンツ。
「事故なき運転」を目指すメルセデスならではの安全へのこだわりは、EQCにも込められています。たとえば以下のような総合的安全コンセプトを採用。

・ドライバーをアシストし事故の発生を防止する「ACTIVE SAFETY」
・事故を予測し保護する「PRE-SAFE」
・衝突時の衝撃を最低限に抑制する「PASSIVE SAFETY」
・テクノロジーにより救助をしやすくしたうえ、通報サービスを可能とした「POST SAFE」

さらにクルマの安全機能を搭載。安心して運転できる機能性を備えています。その一部を紹介しましょう。
・ブラインドスポットアシスト
斜め後方にクルマがいると警告し、気づかずにウインカーを出すと警告音が鳴り知らせます。

・レーンキーピングアシスト
車線からはみ出すと、ステアリングに微振動を伝え警告。

・ドライブアウェイアシスト
発進時に、前後約1m以内の障害物を検知すると警告音が鳴り、速度制限がかかります。

などさまざまな角度から、乗員の安全をサポートします。
引用元/メルセデス・ベンツ。
さらに事故の際でも、高電圧バッテリーを守る構造を採用。高電圧システムは自動停止するので、感電の危険から乗員を守ります。

美しさと力強さ、そして乗員の安全性や快適性に配慮された、メルセデスのEV車「EQC」。こんなクルマが我が家にやってきたら、ドライブ時間が楽しみになりそうです。
商品名/EQC 400 4MATIC
メーカー希望小売価格/960万円
ステアリング/右
駆動方式/フルタイム4WD
トランスミッション/CVT(無段変速車)
ドア数/5ドア
乗員定員/5名
サイズ/全長4770×全幅1885×全高1625mm
ホイールベース/2875mm
車両重量/2470kg
航続距離/約400km ※国内WLTCモード
タイヤサイズ/235/50R20(前)、255/45R20(後)
●メルセデス・ベンツ日本
記事の一覧へ