アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
イタリアのミニカー「BiRÒ」は、取得税・重量税なしで所有できる!【最新EVカタログ】

CAR

イタリアのミニカー「BiRÒ」は、取得税・重量税なしで所有できる!【最新EVカタログ】

  • 2022.02.19

流行りの電気自動車(EV)&電動コミューターはこんなに充実! 新車で買える&発売予定の、今すぐ欲しい最新車種をラインアップ。

第一種原動機付自転車(ミニカー)登録の「BiRÒ」

維持しやすい「BiRÒ」

引用元/BiRÒ。
今回ご紹介するのは、イタリア エストリマ社の、電動コミューター「BiRÒ」です。第一種原動機付自転車(ミニカー区分)登録の四輪車で、現在国内での乗員数は1名と決められています。しかし一部地域では社会実験として2人乗りが認可されるなど、注目されている電動コミューターです。

ちなみにミニカー区分は、原付と軽自動車の間の区分で、高速道路は走行不可。普通免許で運転できます。しかも車庫証明や取得税、重量税は必要なし。自動車税が年間3700円ほどかかりますが、普通自動車と比べ安い維持費で所有できます。
引用元/BiRÒ。
現在のところシートベルトやヘルメットの装着義務はなく、原付のように二段階右折をしなくてもOK。ひとり乗りであることと、高速道路走行不可な点が気にならなければ、とても便利に活用できるでしょう。

航続距離はおよそ100km

引用元/BiRÒ。
航続距離は、固定式バッテリーを使用した場合、およそ100km、脱着式バッテリー使用時は最大55kmとなります。一般的なEVと比べると少々物足りない航続距離かもしれませんが、短距離移動が多いドライバーには適した電動コミューターです。

小さいけど、存在感は絶大

引用元/BiRÒ。
小型ですが、大いに人の目を惹きつけるデザインが採用されています。フロントモールドには、BiRÒロゴエンボス入りメタリックグレー塗装の金属板に施された、ステンレススチール製装飾ネジを採用。

リヤライトには、マットブラック合金フレーム&プラスチックグリルを使用するなど、全体の印象をハードに仕上げています。
引用元/BiRÒ。
サイドミラーは大型の長方形タイプ。視認性の高さに優れています。
引用元/BiRÒ。
オーナーの名前がカスタマイズ彫刻される「Handbuilt in Italy for」プレートにもフロントやリヤ同様に、ステンレススチール製装飾ネジを使用。統一感のあるデザインに。
引用元/BiRÒ。
ステアリングホイールは、Estrimaロゴ入りブラックスポーク&キャップを採用しています。
引用元/BiRÒ。
ひとり乗りですが、シートは2つ。ドアは脱着式となっています。

「BiRÒ」は日常使いに最適!

引用元/BiRÒ。
4つの軽量ホイールのうち後輪内部の2つに、100%電動ブラシレスモーターを搭載。パーツを極力減らすことで、メンテナンスコストの削減にもつながります。

街中をゆったり走るのに適した仕様です。パワーが必要な登坂時には、ブースト機能も付いているから安心。「BiRÒ」は、日常使いに適したモビリティを探している方の、選択肢の一つとなるでしょう。
商品名/BiRÒ Black Limited Edition
価格/198万円
寸法/全長1740×全幅1030×全高1565mm
最低地上高/190mm
重量/245kg(バッテリーなし)
最大出力/4KW
最大速度/45km/h
最大登坂斜度/20%以上
最小回転半径/約2.8m
航続距離/55km以上(脱着式バッテリー時)、100km以上(固定式バッテリー時)
※各満充電時の連続走行時
電気代/約1.5円/km
※料金は目安です。深夜電力を使うことでさらに抑えられます。

●エストリマ社
記事の一覧へ