アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
レクサス初!新型BEV専用「RZ」ついに公開、航続距離450km、新四駆「DIRECT4」も

CAR

レクサス初!新型BEV専用「RZ」ついに公開、航続距離450km、新四駆「DIRECT4」も

  • 2022.04.21

LEXUS(レクサス)は、ブランド初となるBEV(バッテリーEV)専用モデルの新型「RZ」を世界初公開。電動化ビジョン「Lexus Electrified」や新四輪駆動力システム「DIRECT4」などを採用し、極上の走りを実現しています。レクサスにとっての“新たな幕開け”となる一台をご紹介。

レクサスに初ラインアップ!バッテリーEV専用モデル「RZ」

引用元/レクサス。
BEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用。加えて、バッテリーやモーターの最適配置による理想的な慣性諸元や軽量かつ高剛性なボディの実現により、車両の基本性能を大幅に進化させています。
引用元/レクサス。
また、電動化技術を活用した四輪駆動力システム「DIRECT4」やドライバーの意図に忠実な車両コントロールを可能にしたステアリング制御、ステアバイワイヤシステムなども採用。“人馬一体”となった気持ちの良いドライビングフィールを叶えています。
引用元/レクサス。
ドライバーへクルマの状態変化を自然に伝える音作りも追求。レクサスならではの走りの味「Lexus Driving Signature」を進化させています。
引用元/レクサス。
BEVならではのシームレスな加速感とトルクフルな躍動感を表現したエクステリアも印象的。スピンドルグリルには、「スピンドルボディ」という塊感のあるボディ一体型造形を採用。内燃機関の冷却などの必要がないBEVの機能的な進化やさらなる空力性能向上を目指しています。
引用元/レクサス。
引用元/レクサス。
シンプルながらも機能的&実用的なインテリアデザイン。SDGsやサステナブルなモビリティを中心に考え、素材や装飾によるラグジュアリーな演出に頼らない、感性に響く空間づくりにこだわられています。
引用元/レクサス。
引用元/レクサス。
このほか、開放的な空間づくりに寄与するパノラマルーフや、レクサス初採用となる輻射熱ヒーターを含めた高効率暖房システムを採用。ドライバーはもちろん、乗客も快適に過ごせる極上空間となっています。

新型RZの主な特長

電動化技術を活用した人の感性に寄り添ったLEXUSならではの乗り味の進化
・ドライバーの意図に忠実な走りを支える新四輪駆動力システム「DIRECT4」
・ステアバイワイヤシステムがもたらす新しいドライビング体験
・BEV専用プラットフォームの採用と素性の進化による高い運動性能の実現
・レクサスのDNAである静粛性の高い空間と音作りの両立
・走りに貢献する空力性能とBEVならではの先進的なデザイン
・長年HEVで培った技術を活用したBEVシステム

機能的本質やパフォーマンスに根差したプロポーションと独自性を追求したデザイン
・レクサスBEVの独自性を強調するプロポーションと新表現「スピンドルボディ」
・電動化技術がもたらす走りの躍動感を表現したサイド&リヤデザイン
・BEVらしさを引き立てるエクステリアカラー
・クリーンで開放的なおもてなし空間
・走りの楽しさを最大化させるコックピット
・居心地の良い室内を彩るアンビエントイルミネーションとインテリアカラー

移動体験をより豊かにする先進安全技術とおもてなし機能
・先進の予防安全技術「Lexus Safety System +」を搭載
・快適な移動を支える「Lexus Teammate」を搭載
・心地よい空間を支えるおもてなし機能
・先進技術による新たな機能価値
イーサーメタリック。引用元/レクサス。
バイトーンカラー。引用元/レクサス。
車種名/RZ
価格/未定
発売時期/未定
出力/フロント150kW(204PS)、リヤ80kW(109PS)
サイズ/全長4805×全幅1895×全高1635mm
ホイールベース/2850mm
タイヤサイズ/18、20インチ
航続距離/約450km
電池容量/71.4kWh
●レクサス
記事の一覧へ