アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【車中泊】価格もサイズもちょうどいい!200万円台から買える軽キャンピングカー3選|人気記事プレーバック

CAR

【車中泊】価格もサイズもちょうどいい!200万円台から買える軽キャンピングカー3選|人気記事プレーバック

  • 2022.08.24

2022年上半期、人気を集めた「キャンピングカー特集」をプレーバック。コンパクトなキャンパーなら、駐車スペースに困らない&狭い路地でも余裕です。

コンパクトに収納できるエレベータルーフ搭載!

日産「NV200バネット」をベースにした、アネックス「ファミリーワゴンSS」。全長2m以下で、見た目は普通のミニバンそのもの。狭い路地の走行や立体駐車場への入庫もなんなく行えます。
エレべーティングルーフ(ER)とノーマルルーフの2ラインアップ。どちらもルーフも架装部がコンパクトに収まるので、走行中もジャマになりません。引用元/アネックス。
コンパクトな見た目ながら、車内はしっかりキャンピングカー仕様。マットを展開すると、大人2名が寝られる1950×1000mmのフルフラットベッドが登場します。
引用元/アネックス。
引用元/アネックス。
簡易ギャレーには、シャワーヘッド付きの簡易シンクを設置。シャワーヘッドを伸ばせば、車外で使用することも可能です。
引用元/アネックス。
車種名/ファミリーワゴンSS
価格/420~492万円
サイズ/4400×1695×1850~2020mm
排気量/160cc
ガソリン/ER:2WD/4WD、ノーマル:2WD
定員/乗車5名、就寝 ER:4名、ノーマル:2名

●アネックス

災害時の避難場所にも!300万円以下で買える軽キャンパー

岡モータース「ミニチュアクルーズSV」は、ホワイトカラーのファニチャー&ファブリックで統一された軽キャンパー。ミニチュアクルーズならではの魅力は継承しつつ、さらなる快適性を追求したスマートエナジーシステムを搭載しています。
引用元/岡モータース。
1500Wの最大出力で電力を供給する、高性能サイン波1500Wインバーターを標準装備。合計1500W以内であれば複数の電化製品を同時に使用できます。
車外でも100V家庭用電源を簡単に使用できるよう、1500Wアウトプット給電システムまで標準装備されています。引用元/岡モータース。
最上級の硬質チップウレタンと軟質ウレタンを採用した、専用プレミアムベッドマットを搭載。ファブリックには、特注の撥水コーティングが施工されています。リクライニングできるのも嬉しいポイント。
引用元/岡モータース。
ベッド下やセカンドシートの足元には大型収納庫も。収納が充実しているので、コンパクトな車内でもスッキリ過ごせます。
引用元/岡モータース。
車種名/ミニチュアクルーズSV
ベース車両/スズキ エブリイ
価格/297万6600円から
サイズ/339×147×192cm
排気量/660cc
駆動方式/2WD、4WD
定員/乗車:4名、就寝:2名

●岡モータース

8ナンバー車を限界まででっかく!充実装備の軽トラキャンパー

スズキ「キャリイトラック」がベースのキャンピングカー「Kanoa(カノア)」。税制上のメリットを受けられる8ナンバーでありながら、ボディを目いっぱい拡張。キャンパーシェルを載せることで全高を2520mmまで広げています。
引用元/オーゼット。
結露や耐熱・耐寒性のため、左右と後部にアクリル二重窓を採用。網戸とブラインド、換気扇が標準装備されているので、虫やほこりの侵入を防ぎながら換気できます。
引用元/オーゼット。
マットレスを取り外せるメインベッドは、幅1200×長さ2100mm。子供が眠るのに最適な、幅1630×長さ1070mmのバンクベッドも備わっています。
引用元/オーゼット。
300万円台でありながら、ダイネットやギャレー、100Ahディープサイクルサブバッテリー、外部電源&充電システム、1500Wインバーターを標準装備。冷蔵庫や電子レンジ、12V用クーラー、FFヒーター、リチウムイオンサブバッテリーなど、オプションも多数展開されています。
ビルトイン冷蔵庫49L/12万1000円。引用元/オーゼット。
車種名/Kanoa(カノア)
駆動、価格/2WD AT:381万円、4WD MT:386万5000円、4WD AT:395万3000円
ボディカラー/ホワイト
サイズ/全長3720×全幅1790×全高2520mm
車両総重量/1420kg(4WDAT車)
定員/乗車4名(後部座席横向き2名)、就寝大人2名+小人2名

●オーゼット
記事の一覧へ