アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
クルマで一酸化炭素中毒が起こる理由は?予防に役立つ「COチェッカー」もご紹介

CAR

クルマで一酸化炭素中毒が起こる理由は?予防に役立つ「COチェッカー」もご紹介

  • 2022.12.22

記録的な大雪が観測されるなかで、車内での一酸化炭素中毒事故も発生しています。もしもの事態に備えるため、一酸化炭素中毒の原因と予防に役立つ「一酸化炭素チェッカー」をご紹介します。

なぜ車内で起こる?野外での「一酸化炭素中毒」に要注意

今週、記録的な大雪が観測された新潟県。長時間の停電や立ち往生などの被害も出ており、なかには車内での「一酸化炭素」中毒事故も……。冬に起こりやすい一酸化炭素中毒事故について確認しておきましょう。
※写真はイメージです。

無色&無臭だから気づきにくい

一酸化炭素中毒は、その名のとおり一酸化炭素(CO)発生によって引き起こされる中毒症状のこと。 換気できないない環境下でガスが燃え続けると、空気(酸素)不足になって不完全燃焼を起こし、毒性の強い一酸化炭素を発生させます。

テント外のガスにも注意

※写真はイメージです。
一酸化炭素中毒事故はアウトドアや車中泊、家庭内でもたびたび起こります。アウトドアシーンでいえば、狭く換気の少ない空間(テント内や洞窟など)だけでなく、テント窓近くの“野外”でガスを使っていても換気レベルによっては事故が発生するケースも。

雪が積もったときはマフラー詰まりが怖い

大雪のため車で立ち往生する際、どうしても暖をとるためにエンジンをつけっぱなしにしたくなります。しかし、車体の大部分が雪で埋まってしまうと、マフラー内部まで雪が詰まり、排気ガスを外にうまく排出できず車内に一酸化炭素が入ってしまいます。マフラー付近の除雪を徹底するのはもちろん、安全のためにエンジンを消すのが賢明です。
※写真はイメージです。
一酸化炭素は“無色・無臭”なので 頭痛や吐き気、耳鳴りなどの中毒症状が起きるまで気づないこともしばしば。重症化すると死に至るケースもある危険なものです。事故が起こりやすい状況を頭に入れておくのはもちろん、「一酸化炭素チェッカー」で異常にいち早く気付くことも予防につながります。

日本製センサー&国内検品で安心!電池式だから充電切れの心配もなし

日本製センサーを使用し、湿度の高い環境でも安定した検知ができる、Sundeerの電気化学式センサー。雨の日でも優れた検知能力で一酸化炭素の濃度を素早く察知して、光と声で知らせてくれます。
引用元/Sundeer。
本体重量はわずか約130gの超軽量。メッシュ袋がついているので、車内やテント内に吊るしやすいようになっています。持ち運びにも便利!
電池式でコンセントは不要なので、車中やテント内での使用はもちろん、キッチンやベッドルームなどさまざまな場所で使用できます。電池残量の低下を知らせてくれるうれしい機能も!
引用元/Sundeer。
80dbの大音量で知らせてくれるため、異常が起きたことが一目瞭然。もしもの備えとして、アウトドアや車中泊などに必携しましょう。
商品名/Sundeer一酸化炭素チェッカー
価格/オープン(amazon実売:4599円)
カラー/ホワイト
重さ/130g

●Sundeer

3つの方法で異常をお知らせ!見やすいディスプレイも魅力

こちらも安心の日本ブランド、LAMBの一酸化炭素チェッカー。光沢感のある液晶ディスプレイは視認性が高く、エッジ部分にツヤ消し加工が施されているため高級感があります。
。引用元/LAMB。
高精度センサーが異常を検知し、85dB大音量の警報音&光る赤い警報ランプ、濃度レベルを知らせるLCDディスプレイの3段構成で危険をお知らせ。
動作温度は5~45℃、動作湿度20~90%。幅広いシーンで使用できるので安心です。
商品名/LAMB一酸化炭素チェッカー
価格/オープン(amazon実売:3280円)
サイズ/‎10×10×2.7cm
重量/120g

●LAMB
記事の一覧へ