アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
[バイク]世界最大排気量なのに現代の排ガス規制に対応したエコなバイクなんです!

CAR

[バイク]世界最大排気量なのに現代の排ガス規制に対応したエコなバイクなんです!

  • 2019.09.21

量販バイク世界最大の排気量を誇るロケット3が復活です。しかもその排気量は2.5ℓにアップ!排ガス規制に対応し、環境性能も現代レベルになって帰ってきました。 ※ROCKET 3 GTの日本導入時期は未定です。

「あいつの父ちゃん、すげーバイク乗ってんだぜ!」といった友人の言葉に、子供はどんな気持ちになるのでしょうか。ちょっと鼻が高いか、それとも誇らしいか?もちろん、それがアウトロー感が強かったり、なんだか格好つけていて嫌味があったりすると万事休す。家族からの協力はなかなか得にくかったりします。


さりげなく乗っているように見せかけて、実はめちゃくちゃ存在感を誇示するロケット 3。その凄さは単純明快。量販バイクとして世界一でっかいエンジンを搭載しています。実はこれ、2004年に登場した時から守り続けてきた記録でもあるのですが、残念なことに排ガス規制の問題で生産終了となり、過去の栄光となっていました。そんな中、復活したロケット 3は排気量をアップしてその座を守ったのです。もちろん今度は排ガス規制にも対応して。しかも、ややもっさりしたデザインは近代的にアップデート。子供だけでなく、大人も振り返らせるスタイリングを手に入れました。スペックに見合った装備と安全性を備えているのが過去のモデルとは異なるところです。


トライアンフ ロケット 3 R


でも、ひとりでどこか行っちゃうんでしょ? と家族の恨み節が聞こえてきそうですが、そこも抜かりなし。基本的にひとりが楽しそうなRと同時に、タンデム走行が楽しくなりそうなGTもラインナップされました。


やんちゃにもジェントルにも走れる。本人だけでなく、家族もハッピーになるニューロケット 3の登場です。



■TRIUMPH ROCKET 3 R
[トライアンフ ロケット 3 R]
メーカー希望小売価格未定
発売時期2019年12月予定


トライアンフ ロケット 3 R
※ROCKET 3 GTについては日本導入時期未定
エンジン:2458cc直列3気筒 DOHC、最高出力:167ps(123kW)/6000rpm、最大トルク:221Nm/4000rpm、シート高:773mm、トランスミッション:6速、フロントタイヤ:150/80 R17V、リアタイヤ:240/50 R16V(トライアンフモーターサイクルズジャパン)

トライアンフ ロケット 3 R
迫力あるスタイリングと驚愕のスペック。しかし装備は最新で、そのパフォーマンスを安全に味わうことができます。4種のライディングモードのほか、トラクションコントロール、コーナーリングABSなど、最新の電子制御が満載です。


トライアンフ ロケット 3 R


2458ccの排気量はバイクの量産モデルで世界最大。221Nm/4000rpmの最大トルクと167ps/6000rpmのパワーを誇る縦置き水冷3気筒エンジンから奏でられるエギゾーストノートも、ほかでは味わえない心地良い快音チューニングが施されます。


トライアンフ ロケット 3 R


目の前に余計なもののないすっきりとしたメーターまわり。キーレスイグニッションにより、キーボックスがないのもその印象を強めます。角度調整可能となるフルカラーTFT液晶モニターは新世代のものとなり、機能が充実しました。


トライアンフ ロケット 3 R


トライアンフのアイデンティティともいえる丸目2眼ヘッドライトは従来モデルより継承されていますが、灯火類は全てLED製に変更されました。なお、従来モデルに対し、新型は約40kgも軽量化。大きくてもドン臭いマシンではありません。




バックレストのあるGTならタンデムでママも快適♪


トライアンフ ロケット 3 R


基本的パッケージングはRと同一ながら、ハンドル・グリップ位置が手前。ステップ位置も前方となり(3ポジションの設定が可能)、リラックスしたライディングポジションとなるGTも用意。防風効果の高いウィンドシールドやグリップヒーターなど、ツーリングシーンでの快適性能はこちらのほうが上。


トライアンフ ロケット 3 R


また、ピリオンバックレストの装備により、タンデムライダーの快適性も考慮されているのもポイントです。※ROCKET 3 GTの日本導入時期未定です。



問い合わせ先
トライアンフモーターサイクルズジャパン ☎03-6809-5233

記事の一覧へ