アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
[クルマ]シトロエンのDNAが創る家族を楽しむためのクルマのカタチ、ベルランゴDébut

CAR

[クルマ]シトロエンのDNAが創る家族を楽しむためのクルマのカタチ、ベルランゴDébut

  • 2019.10.24

シトロエンは、2019年10月18日(金)に、今年創業100周年を迎えたシトロエンより新カテゴリー MPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)であるベルランゴの特別仕様車Début Editionを発表し、翌19日(土)9時よりオンライン予約注文申込の受付を開始。

家族がレジャーを楽しむためのクルマを創造したシトロエンが、ついにあたらしいをベルランゴ日本でデビューさせます。シンプルで機能的なボディデザイン、”わかってる感”のあるセンス溢れる実用的なディテールの数々、そしてスライドドア。これまで歴代モデルが欧州で成功をおさめ、ベンチマークとされた家族と人々のためのレジャーアクティビティヴィークルです。そして、同時に、このきわめてプラクティカルなベルランゴもまた、100年にわたり人々の”移動の自由”と”自由な移動”を支え、それをコンフォート(快適)なものとすることを追求してきたシトロエンの最新作のひとつなのです。MPV、ミニバンとよばれるセグメントにおいてもコンフォート性能という新たな価値を提案するシトロエンならではのモデルです。


シトロエン


あたらしさを表現するボディスタイリングと最新シトロエンのデザインコード


たくましさ、力強さをくまなく表現しつつ、”どこにでも行けて、なんでも楽しめる”他に似るもののないパーソナリティをかつてないほどのあたらしさで具現化したのがこのベルランゴです。前進させたフロントスクリーン、短く高く設定されたフロントエンド、取り回しを向上させる短いフロントオーバーハング。これらはグループPSAの定評ある新世代プラットフォームEMP2を採用することで実現しました。現在のシトロエンのデザインコードのひとつ、2段がまえのポジショニングライトとヘッドライト、フォグランプをラウンドしたノーズ部分に配し、Airbump®をドアの下部に配しました。全長4403mm×全幅1848mm×全高1844mm×ホイールベース2785mmの国内でも取り回しがしやすいサイズとなっています。


毎日使って毎日が楽しい、両サイドスライドドアとリア3座独立シート


リアドアはスライドドアを採用。広大な開口部とドア開閉時の省スペースが魅力です。リアシートは幅の等しい3座独立式。リアシートも平等に移動します。このシートは個別に折畳みが可能となっており、もちろんこの3座にはそれぞれISOFIXフックが装備されています。


シトロエン


ベルランゴ Début Editionはワングレード展開で価格は325万円(税込)。


今回のベルランゴ Début Editionは、欧州仕様車をベースに各種オプション装備を標準とした特別仕様です。


問い合わせ先
シトロエン コール ☎︎0120-55-4106

記事の一覧へ