アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
マクラーレンがハイブリッドのスーパーカー「アルトゥーラ」を発表

CAR

マクラーレンがハイブリッドのスーパーカー「アルトゥーラ」を発表

  • 2021.02.17

レースでおなじみのマクラーレンが、一部の限定車を除く量販モデルとしては初となるハイブリッド車「アルトゥーラ」を発表。0-100km/h加速はわずか3.0秒! 最新の技術を満載した、まさに現代のスーパーカーです。日本での発売日や価格などは未定ながら、夢のあるクルマは待ち遠しくあるでしょう。

スーパーカーの技術と性能の新時代を告げる、「McLaren Artura(マクラーレン アルトゥーラ)」が発表されました。


1


アルトゥーラは、マクラーレン初となるシリーズ生産ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカーです。レーシングカーとロードカーでの半世紀以上の専門性と経験を注ぎ込み、マクラーレンがこだわるドライバーとのピュアな一体感と、画期的なテクノロジーを融合した次世代スーパーカーとなりました。


1


マクラーレンの哲学である超軽量エンジニアリングに支えられたアルトゥーラは、特徴的なデザイン、比類ないパフォーマンス、優れたダイナミクス、革新的テクノロジーといった、マクラーレンの全モデルに備わる特質を極めています。そこに電動化によるスロットルレスポンスの短縮、CO2排出量の削減、純粋なEVモードによる最長30km*の排出量ゼロの走行といった恩恵が上乗せされました。


ベースからすべてが新しいアルトゥーラは、マクラーレンのエンジニアやデザイナーにとって、新たな変革となりました。なかでも Eモーターとバッテリーパックなど、ハイブリッド・パワートレインの要素を付け加えながら、いかにしてマクラーレンの超軽量エンジニアリングの哲学を守るかが主な課題となったようです。


1


厳格な重量削減プログラムは、シャシー・プラットフォーム(これがデビューとなる新マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を採用)から、独特のコンパクトなHPHパワートレイン、電気系統で使われる配線の重量(10%の削減に成功)まで、アルトゥーラのあらゆる範囲におよびました。その結果、アルトゥーラは最軽量の乾燥重量1,395kgを達成。ハイブリッド・コンポーネントの総重量はわずか130kg(うちバッテリーが88kg、Eモーターが15.4kg)で、DIN車両重量は1,498kgです。これは、ハイブリッド・パワートレインを搭載「しない」スーパーカーと同等で、アルトゥーラに超軽量というアドバンテージをもたらしています。


1


アルトゥーラに搭載するパワートレインの心臓部は、排気量2,993cc、ツインターボチャージャー搭載の新しいマクラーレンV6ガソリンエンジンです。最高出力は585PSで、リッター200PSに迫り、最大トルクは585Nm。ドライサンプ式でアルミニウム製のため、エンジンは軽量かつコンパクトで、わずか160kgとマクラーレンV8より50kgも軽く、そして大幅に短くなりパッケージングの効率性が高まりました。


このM630エンジンは、排出ガス性能を最適化するガソリン・パティキュレート・フィルターを採用するなど、洗練された設計になっています。120°のバンク角は、いわゆる「ホットV」へのターボチャージャーの配置を可能にし、パッケージングのアドバンテージを増やし、低重心にも貢献しています。また、120°レイアウトによって、排気システムの圧力ロスが低減してエンジンパフォーマンスを向上させただけでなく、高強度クランクシャフトの採用が可能となり、レブリミットを8,500rpmに設定して、パフォーマンスとドライバーとの一体感を最大化できました。


1


新V6と調和して働くのが、アルトゥーラのコンパクトなアキシャル・フラックスEモーターで、トランスミッションのベルハウジング内に搭載されています。一般的なラジアル・フラックスモーターより小型で電力密度が高く、最高95PS、225Nmを発生。その1キロあたりの電力密度はマクラーレンP1™のシステムを33%も上回ります。モーターによる瞬時のトルクデリバリーは「トルク・インフィル」と呼ばれ、これが極めて鋭いスロットルレスポンスの鍵となっています。発進時のパフォーマンスは刺激的で、0-100km/h加速はわずか3.0秒、0-200km/hは8.3秒です。最高速度は330km/h(205mph)に制限されています。


デュアル推進システムは、エンジン・ディスコネクトクラッチで統合され、新しいツインクラッチ・トランスミッションを駆動します。トランスミッションはアルトゥーラのために特別に開発されました。パワーデリバリーとトルクデリバリーを最適化するため、マクラーレンの既存のトランスミッションより1速増えたにもかかわらず、軽量なクロスレシオのギアクラスターは全長が40mm短縮。また、後退はEモーターが逆方向に回転することで担うので、リバースギアが不要になりました。


Eモーターの動力となるバッテリーパックは、5個のリチウムイオン・モジュールからなり、使用可能な最大電力量は7.4kWh、純粋なEV航続距離は30kmです。バッテリーは冷却レールを使った冷媒冷却方式。バッテリー電力を車両後方からフロントの補機類に伝送する配電ユニットも含めたアッセンブリーは、構造の一部を成すカーボン・ファイバー製フロアにマウントされています。これをモノコックのリア底部にボルト付けすることで、剛性や重量配分、衝突保護性能を最適化しています。


また、完全なプラグインハイブリッド(PHEV)機能を備え、標準的なEVSEケーブルを使ってわずか2時間半で80%充電できます。また、選択した走行モードに応じて、走行中に内燃エンジンからバッテリーに充電することも可能です。


1


アルトゥーラに秘められたアーティスティックなエンジニアリングを引き立てるのが エクステリアデザインです。いかにもスーパーカーらしい低いノーズに、キャブフォワード、ハイテールのスタンス。マクラーレン特有のディへドラル・ドアは、よりボディに沿って開閉し、ミラーはさらにタイトに折りたたまれて格納され、ドラマチックな雰囲気を演出します。短いホイールベースと低いスタンスも、さらにこれを強調しています。


「シュリンクラップド(包装)」のような外観となったアルトゥーラは、マクラーレンモデルの新たなデザインアプローチを表しています。しなやかな技術的造形を誇るボディは、シャットラインやパネル接合部が最小限に抑えられています。例えばリアのクラムシェルは、1枚のパネルをスーパーフォーミングで成形する設計です。そのフォルムは、空力性能と冷却のために気流を整え、パフォーマンスを最大化するよう造形されており、「すべてのものに理由がある」というマクラーレンのデザイン理念を原動力とすることが車両全体からうかがえます。その1例がフロント・スプリッターの中央部分で、eHVACシステムの吸気口であると共に、オプションのADASパッケージのフロント搭載レーダーも配置されています。


コクピットはこれまで以上にドライバー中心の空間となりました。走行モードのセレクター(従来どおりパワートレインとハンドリングは個別に設定可能)はインストゥルメント・ビナクルに移動しましたが、代わりにビナクルがステアリングコラムにマウントされ、ステアリング・ホイールと共に調節でき、運転時の人間工学がいっそう強化されました。その結果、ステアリングから手を離さずに走行モードを調節できるようになりました。


パワートレインの設定は4モードから選択でき、そのうちEモードでは電気のみを使う排出量ゼロの走行が30km可能です。複合的な走行状況に最適なComfortモードでは、走行距離と効率性を最大化するため、ストップ&スタートモードの使用を拡張し、40km/h未満では内燃エンジンを停止しますが、より大きな速度とパワーが求められる際は段階的に利用します。SportとTrackモードでは、低速域のレスポンスと加速のために、電力をよりアグレッシブに利用します(トルク・インフィル)。これとは別のハンドリングモードでは、ドライバーの好みや天候、路面状況に合わせて、ダンパーの硬さとエレクトロニック・スタビリティー・コントロールの介入の程度を調節することができます。


アルトゥーラは当初から、技術的な面でのゲームチェンジャーとなるだけでなく、極めて魅力的なドライビングと最高レベルの運動性能 という、マクラーレンのコアとなるキャラクターを意識して設計されました。公道とサーキットの双方で抜きん出るよう設計されたArturaですが、EVモードで都市部を静粛に走行できる洗練されたダイナミクス性能も誇ります。


アルトゥーラの日本での発売日や価格などは、今後明かされる予定になっています。


マクラーレン・グループ
ラグジュアリーなオートモーティブとテクノロジーにおける世界的リーダーであり、マクラーレン・オートモーティブ、マクラーレン・レーシングおよびマクラーレン・アプライドという3つのビジネスで構成されています。


1


テクニカル・スペック
エンジン形式/M630 V6 エンジン、2,993cc ツインターボ、電動ハイブリッド
ドライブトレイン・レイアウト/縦置ミドシップ、後輪駆動
最高出力/680PS : 585PS @ 7,500rpm ガソリン; 95PS 電動モーター
最大トルク/720 : 585  @ 2,250-7,000rpm ガソリン, 225 電動モーター
トランスミッション/8スピード( SSG ) 電動, コンフォート、スポーツ、トラックモード
ステアリング/電動油圧式パワー・ステアリング
シャシー/MCLAカーボンファイバー製ものコック、フロントとリアはアルミニウム製クラッシュ構造
サスペンション/独立式アダプティブダンパー、フロント:デュアルアルミニウムウィッシュボーン、リア:アッパーウィッシュボーン、ローワーマルチリンク、プロアクティブ ダンピングコントロール(PDC). コンフォート、スポーツ、トラックモード
ブレーキ/カーボンセラミックディスク (フロント 390mm、リア380mm)
ホイール (インチ)/フロント: 19 x 9J ; リア: 20 x 11J
タイヤ/ピレリ P-ZERO™ and ピレリ P-ZERO™ Corsa tyres with Pirelli Cyber Tyre® technology
フロント: 235/35Z/R19 91Y
リア: 295/35/R20 105Y
ボディサイズ/全長4539×全高1193×ミラーを開いた状態での全幅2080mm
ホイールベース/2,640mm
乾燥重量/1395㎏
燃料タンク容量/72L
使用可能バッテリー容量/7.4kWh
充電時間/2.5 時間で 80% 充電可能 (EVSE ケーブル使用)
航続距離(電動モーターのみ)/30km
最高速度(電動モーターのみ)/130km/h


●マクラーレン
https://cars.mclaren.com/jp-ja


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ