アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
極上の切れ味を自宅でリーズナブルに!刃こぼれしにくく、耐久性も抜群な包丁

NEWS

極上の切れ味を自宅でリーズナブルに!刃こぼれしにくく、耐久性も抜群な包丁

  • 2021.09.21

「SHADOW」は、和包丁と欧州の高級ナイフの技術を融合した切れ味抜群のキッチンナイフ。ブレードにフッ素コーティングが施され、使いやすさが向上! 汚れが付きにくい、素人が使いやすい包丁に仕上がっています。味や見た目がアップする包丁を、キッチングッズに取り入れてみませんか?

抜群の切れ味と耐久性

「SHADOW」のブレードには、日本製の高強度ステンレス鋼「AUS8」を単一で使用。AUS8は刃物に必要な硬さと適度な粘り強さ、そして錆びにくいという3つの必要項目を全て兼ね備えた特殊金属で、高級刃物や医療機器用ナイフなどにも使用されています。

AUS8を5000番の砥石を使い手作業で丁寧に研磨することで、鋭い刃付けで抜群の切れ味を実現。単一の鋼材でも和包丁と遜色のない切れ味を発揮します。

フッ素コーティングと両刃研ぎ

「SHADOW」の黒色は、フッ素コーティングの黒。ブレードにはXYNFLONⓇのフッ素コーティングが施されたことで、錆びにくくなり、食材の刃離れが各段に良くなりました。
SHADOWの刃は、角度17°の両刃研ぎを採用。両刃にすることで、利き手に関係なく使える上に鋭い切れ味を発揮。また刃の角度を17°にすることで、食材に真っすぐ当てれば潰さず薄く切れ、かつ食材の刃離れが良い包丁に仕上がっています。

汚れが付きにくく、お手入れが簡単

ブレードに撥水性のあるフッ素コーティングが施されたSHADOWは、水汚れや油汚れが付きにくく、簡単に汚れが落とせます。前の食材の汚れや臭いを布巾で簡単に拭き取れるので、調理時間の短縮にも貢献。

鋼の和包丁と違い、ステンレス包丁は表面が酸化被膜に覆われているので錆が付きにくく、たとえ酸化被膜が傷ついても酸化被膜は自己再生するのでほとんど錆びません。

人間工学設計で軽く、扱いやすい

SHADOWは欧州の合理主義に則り、人間工学に基づいた設計で製作されています。今回のSHADOWではハンドル部分が軽く耐久性のあるABS樹脂で製作され、従来品に比べ軽量化を実現。またハンドルは握りやすいように、先端が広がるヒップアップ構造が採用されています。

引き切る際にハンドルが手にかかるので、滑らず手の力がダイレクトに食材に伝わります。

料理の味も見た目もUP!

SHADOWは料理の素人でも軽い力で、堅いカボチャも潰れやすいトマトも軽い力でスパッと切れます。刃離れが良くないお刺身の断面もとてもキレイに仕上がります。

シェフナイフ

シェフナイフはもともと肉を切り分けで使用されていたので、日本で「牛刀」と訳されましたが、日本の三徳包丁と同様に汎用性が高い包丁です。
刃先はゆったりと曲線を描いているので、あご先から切っ先まで滑らせて切るスライシング(引き切り)に向いており、切っ先を抑えてテコの原理で扇状にカットするみじん切りにも有用です。

刃先がとがっているので、魚を3枚におろすことも簡単にできます。

ユーティリティナイフ

シェフナイフより一回り小さな包丁です。手元で扱いやすいため、食材を薄くスライスするときに適しています。サンドイッチなど柔らかい食材も、断面を潰さずカットできます。

ペティナイフ(果物ナイフ、ペアリングナイフ)

ブレードが非常に小さな包丁で、まな板を使わない野菜や果物の皮むきや芯抜き、ジャガイモの面取り、ニンニクなど香味野菜のスライスに適しています。ハンドリングがしやすいので、食材の飾り切りも楽にできます。
商品名/SHADOW
価格/ペティナイフ:6800円、特別価格5440円から
ユーティリティナイフ:7800円、特別価格6240円から
シェフナイフ:9800円、特別価格7350円から
刃渡り/ペティナイフ99mm、ユーティリティナイフ 120mm、シェフナイフ 208mm
重量/ペティナイフ 46g、ユーティリティナイフ 49g、シェフナイフ 122g
全長/ペティナイフ 210mm、ユーティリティナイフ 230mm、シェフナイフ 327mm
販売先/Makuake
●ミラソラ
03-5050-2557
記事の一覧へ