アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
世紀を超えた復刻。当時を再現した日本最古のオーバーオールが完全復活!

NEWS

世紀を超えた復刻。当時を再現した日本最古のオーバーオールが完全復活!

  • 2021.11.22

スターオーバーオールはおよそ100年前に実在した日本のデニムブランド。当時のディテールが現代風にアレンジされ、今に蘇りました。生地の厚みは13.25オンス。シリアルナンバー入りの限定100着が製造されます。

デニムと聞いて一般的にイメージされるのは岡山や広島ですが、実はそれより前に広まっていたのが静岡県。時は1926年、静岡県の沼津にてデニムは誕生しました。
その名は「スターオーバーオール」。最初はアメリカで炭鉱夫向けに売り歩いていたものが徐々に評判となり、人気ブランドとして現地で使われるようになりました。そして1923年、ロサンゼルスにてSTAR OVERALL MFG CO.が誕生。日本人が始めたデニムブランドが生まれた瞬間でした。
創業者の山本夫妻は日本に帰国し、デニムメーカー『山本被服製造所』を創業。当時の日本には無かった三本針による縫製機械をアメリカから持ち込み製作。縫製強度が高く、丈夫さを求められるワークスタイルウェアでは画期的な技術でした。

日本最古のデニムメーカーとして人気を博しましたが、第2次世界大戦の空襲でデニム製造の機械や当時の製品はすべて焼かれてしまい、現在残っているのはミシン1台だけ。『山本被服製造所』は一般の作業服、制服メーカーとして再建し今に至ります。
そしてこのたび、社の歴史を知った一人の社員の熱意により、当時の型紙やディテールのデザイン、ロゴなどが再現された復刻版が完成。当時のディテールを現代風にアレンジし、働く男のワークスタイルを今に蘇らせました。
13.25オンス生地により当時のワークウェアの堅牢性が再現され、三本針によるデザイン性と縫製強度を兼ね備えています。
バックスタイルは、オリジナルデザインを活かしたサスペンダー仕様の釦止め。
胸にはSTAR OVERALL CO.ロゴマークが入っています。
国内自社工場にて一枚ずつ丁寧に製作された、シリアルナンバー入りの限定100着。ぜひチェックしてみて!
商品名/スターオーバーオール
価格/3万3000円

●山本被服
記事の一覧へ