アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
極限のミニマリズム。ナイトドライブに映えるロールス・ロイス新型「ブラック・バッジ・ゴースト」

NEWS

極限のミニマリズム。ナイトドライブに映えるロールス・ロイス新型「ブラック・バッジ・ゴースト」

  • 2021.11.23

新型「ブラック・バッジ・ゴースト」は、ポスト・オピュレンス(脱贅沢)をダークに表現するモデルとして、最高にピュアで最も技術的に進化したブラック・バッジ・モデル。俊敏で控えめ、接続性が高く余分なデザインのない、究極のミニマリズムを体現しています。

新型ゴーストは技術的に最も進んだロールス・ロイスであるだけでなく、審美的にも最もピュアなモデル。デザイナーによって「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」と名付けられたこの美しさの追求は、リダクション(削減・縮小)とサブスタンス(実質)を特徴としています。
エクステリアは44000色ものカラー・パターンの中から自由に色を選ぶことができ、さらに自分だけのオリジナルの色を作ることもできます。

ブラック・バッジは、スピリット・オブ・エクスタシーやパンテオングリルなど、ロールス・ロイスのシンボル的な部分でさえもブラックに仕上がっています。これらのパーツは単に塗装を重ねるのではなく、もともとのクロームメッキ工程に特殊なクローム電解液を導入し、ステンレス・スチール製の下地に共析させてダーク仕上げとしています。表面の最終的な厚さは髪の毛の100分の1の太さに相当する1マイクロメートルです。

仕上げには、ビスポーク21インチ・コンポジット・ホイールが装着されます。ブラック・バッジ・ゴースト専用にブラック・バッジ・ハウス・スタイルのデザインが施されたホイールは、そのバレル部分には22層のカーボン・ファイバーを3方向に交差させて配置したものを使用。リムの外周で折り返すことにより合計44層のカーボン・ファイバーとなって強度を高めています。

3D鍛造アルミニウム製ハブは、航空宇宙産業で使用するグレードのチタン製ファスナーでリムに固定され、ダブルRのモノグラムが常に直立するロールス・ロイスの特徴的なフローティング・ハブ・キャップを取り付けて完成します。
シートのレザーは、トゥルケーゼがブラックに強いコントラストを与えます。インテリア・パーツのベース部分には複数のウッド・レイヤーを圧着させ、ベース層の最上部にはブラックのボリバル・ベニアを使用。レジン・コーティングされたカーボン・ファイバーとメタル・コーティングされた糸をダイヤモンド・パターンで織り込まれ、その生地が手作業で貼り付けられることで、立体感が演出されています。

特殊なベニヤを固定するため、各部品を100度の温度下で1時間圧着して硬化させます。その後、サンド・ブラストを使用して、6層のラッカーの鍵となる面に手作業でサンディングとポリッシュを行ったのち、車両に組み込みます。 また、ブラック・バッジ・ゴーストのシャンパン・クーラーのリッドには航空宇宙グレードのアルミニウムが使用されています。

そしてダッシュボードの脇にあるのが「ゴースト」と共にデビューを果たした世界初のビスポーク・イノベーションである「イルミネーテッド・フェイシア」。ブラック・バッジ・ゴーストではレムニスケート・モチーフのイルミネーションがフェイシアの上部と下部に取り付けられた152個のLEDから構成され、それぞれが発する色はキャビンの時計や計器盤の照明に合わせて念入りに調整されています。
力強いキャラクターの鍵を握るのは、ファントムで初登場となった、ロールス・ロイス独自の「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」と呼ぶオールアルミ製スペースフレーム構造。極めて高いボディ剛性を実現しているだけでなく、その柔軟性と拡張性によって、ゴーストに四輪駆動システムや四輪操舵システム、また受賞歴のある「プラナー・サスペンション・システム」を搭載することを可能にしています。

またロールス・ロイスのツイン・ターボ付き6.75リッターV12エンジンという高名なパワー・ユニットの柔軟性を活かしてさらに29PSを上乗せし、最高出力が600PSに。加えてトルクも50Nm上乗せして900Nmとすることで、途切れることのないシングル・ギヤのような走行感覚が強調されています。

ZF製8速ギヤ・ボックスと、フロントおよびリヤ共に操舵システムを備えたアクスルが協調して動作することで、スロットル操作やステアリング操作に応じたドライバーへのフィードバックのレベルを調整。 能力を引き出す際の信頼性を高めるため、ブレーキの作動ポイントを高めにしてペダル・ストロークが減らされています。

商品名/ブラック・バッジ・ゴースト
価格/4349万円、特別ローンチパッケージ付きモデル 4851万6000円
納車予定/2022年第1四半期~

●Rolls-Royce Motor Cars Limited
記事の一覧へ