アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
美しい南極を永遠に。最新技術で現代に蘇ったセイコー「1968メカニカルダイバーズ」

NEWS

美しい南極を永遠に。最新技術で現代に蘇ったセイコー「1968メカニカルダイバーズ」

  • 2021.12.23

「1968メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean」は現代の技術で蘇った「1968メカニカルダイバーズ」のリバイバルウォッチ。地球温暖化により失われつつある南極の美しい自然がいつまでも続くよう、願いを込めてデザインされています。最大の特徴である、上下のかん足を美しい鏡面で繋いだ流線型のフォルムを継承しながらも、そのスペックは約50年の時を経て大きな進化を遂げています。

ケースとベゼルはもちろんリューズに至るまで、世界最高レベルの耐食性のステンレススチール「エバーブリリアントスチール」が使われています。

プレミアムスポーツウオッチとして長期使用に耐え得ると同時に、ねじロック式リューズの内部構造が「着脱巻真パイプ構造」に。リューズが直接ケースではなく、ねじ溝が切られた専用パーツを介して固定されることで、ケース寿命が飛躍的に向上しています。

ムーブメントは、雫石高級時計工房において製造されるダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー8L35。腕時計としての基本性能が大幅に向上しています。
ダイヤルは壮大な南極の氷床を表現。南極氷床は約3000万立方キロメートルの体積を有する、地球上で一番大きい氷の塊です。南極の大地を覆う氷床の壮大な景観がブルーグラデーションの型打ちダイヤルで再現されています。

内面無反射コーティングが施されたデュアルカーブサファイアガラスに加え、インデックスと時分秒針に塗布されたルミブライトによって、あらゆる環境下で高い視認性が担保されています。
ストラップは1968年当時のオリジナルモデルに使用されていた凹凸形状のテクスチャを再現。材質は紫外線や汗、皮脂による劣化の少ない強化シリコンに改め、強度が高くなっています。

また「製紐(せいちゅう)」と呼ばれる日本の伝統技法で編み込まれた、ブルーの付替用ファブリックストラップが付属。タフな使用環境での長時間使用にも耐え得る耐久性を有するだけでなく、袋状に編み上げる構造と、糸を斜めに織り上げることにより、肌当たりの良い快適な装着性と上品な仕上がりで、審美性も兼ね備えています。
商品名/1968メカニカルダイバーズ 現代デザイン Save the Ocean
価格/50万6000円
ケース/エバーブリリアントスチール
ストラップ/強化シリコン ※付け替え用のポリエステルストラップつき
ガラス/デュアルカーブサファイアガラス(内面無反射コーティング)
防水性能/200m空気潜水用防水
サイズ/42.6×13.1mm

●セイコーウオッチ
03-3564-4597
記事の一覧へ