アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
トヨタの超小型BEV「シーポッド」がついに個人向けに解禁!150km走行バッテリー&充実の安心機能で165万円から

NEWS

トヨタの超小型BEV「シーポッド」がついに個人向けに解禁!150km走行バッテリー&充実の安心機能で165万円から

  • 2022.01.04

一部の法人や自治体向けに発売されていたトヨタの超小型BEV「C+pod(シーポッド)」が、ついに個人ユーザーも購入できるように。小回りのきくコンパクトカーで、運転をもっと気軽に楽しんで。

昨年12月の発売以降、大きな話題となっている「C+pod」。環境に優しい2人乗りタイプのBEVで、軽自動車よりも小さなサイズ感が特徴。免許を取り立ての方や運転に不安を感じる高齢者の方など、少人数かつ近距離の移動が多いユーザーに最適なモビリティです。
標準色(ボディ&ドア・無塗装、ルーフ・無塗装)。引用元/トヨタ。
引用元/トヨタ。
最大の魅力はコンパクトカーならではの取り回しの良さ。群を抜く小回り性能で、初めて走る道や細い路地、駐車場の狭いお店へのショッピングなどでも安心です。また、環境面への配慮や超小型なボディに詰め込まれた安全・安心機能もポイント。
コンパクトなので駐車スペースも有効活用できる。引用元/トヨタ。
1回の充電で“ちょうどいい”走り
最高速度は60km/hで安心感と適度なスピードを両立。満充電時の走行距離は150kmと、1回の充電で丸一日走行できるバッテリーが搭載されています。
引用元/トヨタ。
大開口のドアや段差のない乗り込み口、絶妙なシートの高さによって乗り降りもらくらく。コンパクトボディですが、車内は大人2名が乗車してもゆったり。引用元/トヨタ。
ぶつからないをサポート
「プリクラッシュセーフティ」を搭載。進路上の先行車や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)を検知したときに、衝突回避や被害軽減をサポートしてくれます。

また、8つのソナーでコンビニなどのガラスや壁を検知して、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる不意の衝突を緩和。被害の軽減にも貢献します。
引用元/トヨタ。
充電はコンセントにつなぐだけ
フロントに充電ポートを配置。車両に付属の充電ケーブルを利用して、AC200Vコンセントから簡単に充電できます。
外部給電システムでもしもときも安心
車内に設置されたアクセサリーコンセントから、バッテリーに蓄えた電力を「走る」以外にも使用可能。また、メーカーオプションである外部給電システム(ヴィークルパワーコネクター付)を使うと、いざというときの備えとしても役立ちます。
合計1500Wまで対応するため、消費電力の大きな電気製品でも安心。引用元/トヨタ。
全社リース契約での取り扱い
カーボンニュートラルなモビリティ社会の実現のため、シーポッドは全車リースによる契約となります。気になる方は全国のトヨタ車両販売店、レンタリース店へ足を運んでみては。
ツートーン(ボディ&ドア・クリームベージュ、ルーフ・無塗装)。引用元/トヨタ。
スリートーン(ボディ・ブラック、ドア・シアンメタリック、ルーフ・無塗装)。引用元/トヨタ。
車種名/C+pod
グレード・価格/G:171万6000円、X:165万円
カラー/G:標準色、ツートーン5色展開(+2万7500円)、スリートーン3色展開(+4万4000円)、X:標準色のみ
サイズ/全幅1290×全高1550×全長2490cm
最大回転半径/3.9m
最大速度/時速60km
バッテリー/リチウムイオン電池、3.7V、51Ah、
一充電走行距離/最大150km
充電時間/約5時間(200V)
乗車定員/2名

●トヨタ
記事の一覧へ