アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
いつもの料理をちょっといい気分に。「monoYa」の天然ヒノキアイテム

NEWS

いつもの料理をちょっといい気分に。「monoYa」の天然ヒノキアイテム

  • 2022.01.07

天然ヒノキのまな板とお皿って、なんだか気分が上がりそう。環境にも地域にも優しくて、しかも使いやすい。イイトコドリのキッチンアイテムが欲しい!

長崎県五島列島を拠点に展開している、ものづくりブランド「monoYa」。地元に眠る間伐材などの資源を活用し、プロダクトは島内で制作するなど、環境にも地域にも優しいものづくりを目指しています。
今回はhinoki no monoと題して、五島列島育ちの丈夫なヒノキを活用したまな板とお皿が登場。林業が盛んな五島列島であまり活用されていない間伐材を使用することで、環境にも優しいプロダクトに仕上がっています。
ヒノキのまな板「hinoki no ita」
ヒノキのまな板「hinoki no ita」は使いやすい3cmの脚付き。底面は隙間を設けているので、切った食材はそのままスライドしてお皿に盛り付けられる便利な仕様。天然ヒノキのぬくもりを感じられる本体は、天然の抗菌作用も備えています。

商品名/hinoki no ita
価格/小:7700円、特別価格6160円から
大:1万3200円、特別価格1万560円から

ヒノキのお皿「hinoki no sara」
柔らかく丸みを帯びたデザインは、どんな食材にもベストマッチ。和食・洋食問わずに使用できる汎用性の高さが特徴です。まな板とセットで使うことで、料理も楽ちんに。

商品名/hinoki no sara
価格/4500円
サイズ/26×2.5cm

●monoYa
記事の一覧へ