アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
【クルマ】超近未来な水素カーデビュー!車中泊に適した広々EV車も同時発売

NEWS

【クルマ】超近未来な水素カーデビュー!車中泊に適した広々EV車も同時発売

  • 2022.04.30

HyundaiのEV車「IONIQ 5」「NEXO」がついにリリース。なんとオンラインで完結する販売チャネルもあるって……クルマの新時代を感じるぞ。

近未来的な装いで登場したHyundaiの2台

Hyundaiから「IONIQ 5」「NEXO」が登場。独創的なエクステリアはパラメトリックピクセルが埋め込まれたランプデザインが特徴。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
駐車時・走行時にドアの内部に格納されているオートフラッシュドアハンドルは、乗降時に自動的にポップアップ。スムーズなドアの意匠はいかにも未来を感じさせるデザイン。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
運転席の大きなモニターは車両情報のほか、ブラインドスポットビューモニターや、ビルトインドラレコも搭載。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
広々とした室内は車中泊も容易。後部座席下のバッテリーから給電も可能なので、もはや動くワークスペースとしても使えちゃう!
引用元/Hyundai Mobility Japan。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
商品名/IONIQ 5
価格/479万円から
サイズ/4635×1890×1645mm
最低地上高/160mm
車両重量/1870kg
乗車定員/5名
一充電走行距離/498kmから

水素電気自動車「NEXO」も見逃せない。2019年のアメリカの「WardsAuto 10ベストエンジン」に選定。
4年連続で米国IIHS最高ランクを獲得するなど、安全性と耐久性もピカイチ。ワイド&スポーティな印象のグリルもイイ感じ。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
駆動と同時に最大トルクを発生させるモーターが、超スムーズな加速を実現。一充電あたりの最大走行距離は820kmと長距離走行もお手のもの。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
ハイテクな印象のセンターコンソールと、広々とした室内も魅力的。近未来的な一台を探しているなら「NEXO」も選択肢に入りそう。
引用元/Hyundai Mobility Japan。
商品名/NEXO
価格/776万8300円から
サイズ/4670×1860×1640mm
最低地上高/162mm
車両重量/1870kg
乗車定員/5名
一充電走行距離/820km

●Hyundai Mobility Japan
記事の一覧へ