アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
【BMW】最高峰セダン新型7シリーズ!車内シアター搭載でもはや“動くラウンジ”だ

NEWS

【BMW】最高峰セダン新型7シリーズ!車内シアター搭載でもはや“動くラウンジ”だ

  • 2022.07.09

キドニーグリルの圧倒的な存在感と、ラグジュアリーなインテリア。しまいには車内シアターまで備えた、いたれりつくせりの一台。新型7シリーズがとにかくとんでもない……!

これがBMWの最高峰!究極のラグジュアリーセダンを堪能したい

ついに登場したBMWの新型7シリーズ。ブランドの象徴、キドニーグリルはより大きくなりインパクト大。印象的な薄いヘッドライトと相まって、超近未来感溢れる仕上がりに。
引用元/BMW。
引用元/BMW。
引用元/BMW。
サイドの伸びやかなデザインはまさに最高峰モデルの風格たっぷり。リアライト周りもフロントと同じように、キレのある印象だ。
引用元/BMW。
引用元/BMW。
インテリアもさすがのひとこと。12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロール・ディスプレイを搭載し、物理スイッチは最低限に。漂う高級感は、ハイクラスホテルのラウンジさながら。
引用元/BMW。
引用元/BMW。
引用元/BMW。
さらに、Amazon Fire TVを搭載新採用の「BMWシアター・スクリーン」 も。なんと8K対応の31インチディスプレイというから驚きです。

Bowers & Wilkinsのサラウンド・サウンド・システムと組み合わせることで、車内で極上のシアター体験を可能に。もはやクルマというよりは、“移動するラウンジ”というべきかもしれない……。
引用元/BMW。
パワートレインはディーゼルとガソリン、新登場の完全電気仕様から選択可能。最先端の運転支援機能や、超快適なサスペンションなどは言わずもがな。BMW最高峰モデルの卓越した質感は、一度試してみたいものだ。
引用元/BMW。
商品名/BMW7シリーズ
価格/1460万円から
パワートレイン/ガソリン(740i)、ディーゼル(740d)、電気仕様(i7)
サイズ/5391×1950×1544mm
ホイールベース/3215mm

●BMW
記事の一覧へ