アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
新型「プリウス」がついにお目見え!低重心ボディと逞しい走りに期待大【クルマ】

NEWS

新型「プリウス」がついにお目見え!低重心ボディと逞しい走りに期待大【クルマ】

  • 2022.11.23

新型「プリウス」のコンセプトは、"Hybrid Reborn"! 気持ちよく走れる、一目惚れさせるデザインに、魅了されること間違いなし。

大人が魅了される上質なデザインと機能にアップデート

ワクワクするエモーショナルなデザインへシフト

プリウス独自のアイコンであるモノフォルムシルエットを引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や19インチ大径タイヤの採用によって、よりスタイリッシュなプロポーションにアップデート。
コンセプトは、アイランドアーキテクチャー。圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコックピットを両立。直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間になっています。
ボディカラーは、全8色。うち2色はスポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規に開発されました。

気持ちいい走りを実現した、新世代ハイブリッドシステム

従来型を大幅に上回る加速性能と静粛性を実現した、2.0Lプラグインハイブリッドシステムをトヨタ初採用。高効率のダイナミックフォースエンジンと、高出力の駆動用リチウムイオンバッテリーの組み合わせることで、従来型同等の低燃費を維持しつつ、164kW(223PS)ものシステム最高出力を達成。

さらなる進化を重ねたTNGAプラットフォーム

熟成を重ねたTNGAプラットフォームをベースに第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現。ボディの各所に補強を施し、より剛性を高めたほか、静粛性も向上。最新のパワートレーンとの組み合わせで、乗った人を虜にさせる運動性能を備えています。

先進安全・運転支援システム

先進機能を付与し、機能が向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。

高度運転支援システムであるアドバンストパーク(リモート機能付)が設定され、さまざまな駐車シーンでスムースな駐車・出庫を自動で行うことができ、車外から専用スマートフォンアプリを操作すれば、遠隔での駐車・出庫も可能。

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)をセンターコンソール後端とラゲージルームの2か所に設置。エンジンを始動せずにバッテリーだけで給電するEV給電モード、バッテリー残量が低下するとエンジンで発電するHV給電モードが選択可能。給電時に室内への虫などの侵入や雨天での雨水の侵入を防ぐ外部給電アタッチメントを標準で装備されており、ドアガラスを閉じたままでも外部給電を可能に。
限界まで開口幅を広げ、室内に開放感をもたらすパノラマムーンルーフを設定。PHEVには太陽光をより効率よく電気に変える第2世代のソーラー充電システムを設定し、1年間で走行距離約1250km分に相当する電力を生み出します。

フロントはトヨタセーフティセンスの単眼カメラ、リヤは電子インナーミラーの後方カメラを活用した、車載型のドライブレコーダーを配備。カメラや配線の後付け感がないすっきりとした見映えに加え、データはECUに保存でき、大切な撮影データをしっかり管理できます。
商品名/プリウス
価格/未定
●トヨタ自動車
記事の一覧へ