アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
このデザインは新鮮!「Victor」のNEWポータブル電源&ポータブルソーラーパネル

NEWS

このデザインは新鮮!「Victor」のNEWポータブル電源&ポータブルソーラーパネル

  • 2022.12.05

アウトドアはもちろん、災害時や電力需給ひっ迫時の電源確保用としてもニーズが高まっている「ポータブル電源」や「ソーラーパネル」。Victorブランドから登場した新商品は、デザインも機能も一流です!

屋内外にマッチするデザインが魅力!家庭用電化製品にもしっかり対応

Victorブランド初となるポータブル電源「BN-RF1500」「BN-RF1100」、およびポータブルソーラーパネル「BH-SV180」が登場しました。何ともスマートな外見。主な特徴はこちら。

ポータブル電源「BN-RF1500」「BN-RF1100」の主な特長

特長1:安全で長寿命の「リン酸鉄系リチウムイオン充電池」を採用
「リン酸鉄系リチウムイオン充電池」を採用し、独自の安全基準をクリア。全入出力端子にラバーキャップを採用してホコリや水分の混入と感電を防止することにより、安全性にも配慮しています。従来モデルと比べて約6倍となる3000回の繰り返し充放電にも対応。
特長2:多くの家庭用電化製品に対応。大容量バッテリーで長時間の使用を可能に
リン酸鉄系リチウムイオン充電池の採用により、定格出力AC1500W、および瞬間最大3000Wの高出力を実現。電子レンジやドライヤー、あるいは冷蔵庫まで、主要な家庭用電化製品の使用に対応します。

また、1152Whの大容量バッテリーを搭載しているので、スマートフォンの充電であれば約73回(「BN-RF1500」)/55回(「BN-RF1100」)の充電が可能です。
特長3:コンセントを挿したままでも使用できる
コンセントを抜くことなく差したままでも常に満充電に近い状態(残容量95%以上)をキープ。充電完了後にコンセントを抜く手間を省き、バッテリーの劣化や事故のもとになる「過充電」や、残量がないまま放置されることで電池性能が失われる「過放電」を防止します。
特長4:停電時にも安心の「自動給電切り替え機能」を搭載
コンセントから本機を中継して電化製品と接続しておくと、停電時などに電気が遮断された場合に自動的に本機から電力を給電する「自動給電切り替え機能」を搭載。冷蔵庫のように常に電気を必要とする機器に有効です。本機能が作動すると、液晶部の残量サークルが回転し、視覚的にも分かりやすい!
商品名/ポータブル電源「BN-RF1500」
価格/オープン(市場推定価格:26万5000円前後)
カラー/ベージュ
商品名/ポータブル電源「BN-RF1100」
価格/オープン(市場推定価格:20万円前後)
カラー/ベージュ

ポータブルソーラーパネル「BH-SV180」の主な特長

最大24%の高変換効率ソーラーパネル(4面)を搭載し、最大180Wの高出力。ポータブル電源本体やスマートフォンなどの充電に対応します。パネル部には高耐久性フッ素樹脂「ETFE」を採用し、高い耐候性、耐久性を実現。USB端子による充電・給電が可能なのも便利なポイントです。
商品名/ポータブルソーラーパネル「BH-SV180」
価格/オープン(市場推定価格:7万円前後)
カラー/ダークグレー
●【お客様窓口】 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
0120-2727-87
記事の一覧へ