アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
フラットなボトムの革新的高機能グラスがリーデルから登場

NEWS

フラットなボトムの革新的高機能グラスがリーデルから登場

  • 2020.06.01

オーストリアのワイングラス、リーデルから、フラットなボトムでワインと空気の接触面を広げ、さらに立ち上がった香りをしっかりと鼻まで届けることができるカーブを併せ持つ革新的な高機能グラス、「リーデル・ワインウイングス シリーズ」が発売。

1973年に世界で初めてブドウ品種別ワイングラスシリーズを発表して以来、創業一族3世代に渡りワインの個性を最大限に引き出す機能的グラスを研究、開発してきたリーデル。ワイングラスといえばリーデル、という方も多いですよね。
今回発売の「リーデル・ワインウイングス シリーズ」は、アメリカ・ナパヴァレーの生産者、BVジョージ・デ・ラトゥールから80周年を記念した2016年ヴィンテージ用のオリジナルグラスを製作して欲しいという依頼を受け、リーデル家10代目当主ゲオルグ・リーデルが指揮を執り、開発。「モダンで機能的なワイングラスとは本来どうあるべきなのか」と考えたゲオルグは、リーデルがこれまで開発してきた口径がすぼまっている卵形のグラスとは一線を画し、底が平らで幅が広いまったく新しい形状を考案しました。それは飛行機の翼を彷彿とさせる形で、ウイングレット(主翼の先端についている小さな翼)までついているものでした。


リーデル

今回の画期的な新シリーズの機能性についてゲオルグは次のように語っています。「 このグラスの一番の特徴は、横に広がったフラットなボトムです。ワインと空気の接触面を増やすために、このような翼の形になりました。こうすることでワインの蒸発量が増し、アロマをより引き出すことができます。ワインを飲もうとして顔をグラスの方に傾けると自然と鼻が近づきますので、アロマをより強く感じることができますが、それだけではそれぞれのブドウ品種の幾重にも重なった繊細なアロマを十分に感じることは難しいでしょう。 ですからそれぞれのワインの特徴に合わせて、グラスの先をすぼめ、口径を正しく調整しています。今回初となる革新的なフラットなボトムと、リーデルが長年開発し続けてきた従来の卵形のすぼまりが一体化し、これまでにない高機能なグラスが生まれました。」


リーデル


「リーデル・ワインウイングス シリーズ」は、白ワイン用3種類、赤ワイン用3種類、シャンパーニュ/スパークリングワイン用1種類の計7種類を展開。これまでにない革新的な形状でワインの香りや味わいをもっと探求し楽しみたいというワイン愛好家にはもちろん、独特なデザインでテーブルコーディネートに圧倒的なインパクトを添えるアイテムとしてもおすすめです。


リーデル・ワインウイングス シリーズ
全7種類
価格:各4500円 ※クリスタルガラス製 マシンメイド ドイツ製



問い合わせ先
リーデル青山本店 ☎03-3404-4456 https://www.riedel.co.jp/

記事の一覧へ