アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
ドイツ時計ブランド「ノモス グラスヒュッテ」より175周年限定モデル登場

NEWS

ドイツ時計ブランド「ノモス グラスヒュッテ」より175周年限定モデル登場

2021.07.19

ドイツのグラスヒュッテで時計製造が始まってから175年を記念した「ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年」限定エディション3種が登場。3本ともそれぞれ175本の限定生産となっています。

左からエナメルホワイト、エナメルブラック、エナメルブルーの文字盤カラー。

ドイツの時計ブランド「ノモス グラスヒュッテ」の限定商品「ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年」3型の発売が決定しました。ドイツの山間に位置するグラスヒュッテで時計産業が始まってから、175年経たことを祝福する新しいタイムピースです。それぞれのカラーが175本の限定生産で、伝統的な技術によって製作されています。新しいステンレススチールのケース、新しいサイズ、エナメルホワイト、エナメルブラック、エナメルブルーの文字盤、クロノメーター基準に調整されたムーブメントが特徴です。
 
文字盤はエナメル調の光沢が特別な深みをあたえ、カーブした文字盤とサファイヤクリスタルガラスがその効果を一層引き立てます。念入りにポリッシュされたスチールのケースは、精密な高級時計でありながら日常的な使用にも使えます。
 
ラムダはキャリバーDUW1001を搭載。これはDUW(ドイツ時計製品、Deutsche Uhrenwerke)の名を冠した最初のキャリバーです。大きめながらスレンダーなツインバレル式のキャリバーは、29個のルビーが完璧な動作を保証します。そのうちの6つは、グラスヒュッテの伝統的技法を踏襲し、ハンドポリッシュされたネジ留めのシャトンに装着されています。全てのパーツのエッジはやはりハンドポリッシュで仕上げられており、スチールのパーツは一つ一つ鏡面仕上げが施されています。


丁寧に仕上げられた3/4プレートの磨きはすぐ目に留まる美しさ。ノモスの時計だけにみられる、グラスヒュッテの伝統技術となっています。また、スワンネック緩急針のバネはテンプ受けの上にセットされています。そこにはドイツ語で「グラスヒュッテより愛を込めて」と刻印されていますが、これはベテラン時計師の手作業による刻印となります。


商品詳細
商品名/ラムダ グラスヒュッテ時計産業175年 
価格/85万円(税抜)
バリエーション/
NM960.S1(文字盤 エナメルホワイト、針 ブルースチール)
NM960.S2(文字盤 エナメルブラック、針 ロジウムメッキ)
NM960.S3(文字盤 エナメルブルー、針 ロジウムメッキ)
ケース/ステンレススチール、サファイアクリスタルバック
ケースサイズ/直径 40.5mm、厚さ 8.9mm
ガラス/サファイヤクリスタルガラス
ムーブメント/自社製手巻きキャリバーDUW1001、パワーリザーブ84時間
ストラップ/ホーウィン社製シェルコードバンヘリ返しタイプ20mm
世界限定/各175本
発売予定/10月下旬


ムーブメント仕様
キャリバー/自社製DUW1001、手巻き、クロノメーター規格にて調整
ムーブメント高さ/3.6mm
ムーブメント直径/14 1/4リーニュ(32.0mm)
パワーリザーブ/約84時間
振動数/2万1600振動


その他特徴
ツインバレル、29石(内6石はゴールドシャトン)、スワンネック緩急針、チラネジ付きテンプ、ハンドエングレービングによるバランスブリッジ刻印、ロジウムメッキ+サンビーム仕上げ3/4プレート、297° パワーリザーブインジケーター


輸入代理店のWebページはこちら


●大沢商会
https://josawa.co.jp/


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ