アクティブに上質な時間を過ごすためのマガジン
ニューバランス×nonnativeコラボスニーカーは、街から悪路まで駆けるSUV的な一足

NEWS

ニューバランス×nonnativeコラボスニーカーは、街から悪路まで駆けるSUV的な一足

  • 2020.11.14

ニューバランスは、nonnative × New Balanceのコラボレーションモデル「FRESH FOAM HIERRO M」を11月21日より販売開始。細部にわたりエクスクルーシブな仕様が盛り込まれた、様々なシーンにも映えるハイブリッドな一足です。

ニューバランスは、1977年にブランド初のトレイルシューズとなる「Trail355」を発表。以降40年以上にわたり様々なトレイルシューズを開発してきました。最新テクノロジーを駆使して設計される「FRESH FOAM HIERRO」シリーズの5代目「FRESH FOAM HIERRO M」は、アッパーにナイロンメッシュを採用した一足。ノーソープリント圧着加工を取り入れた抜群の足当たりやシュータンとライニングを一体成形に進化させた「モノソック構造」、スムーズな足入れを可能にする「プルストラップ」が特徴です。


NB


さらに透湿性、防風性、防水耐久性を誇る「GORE-TEX®」や、トゥを保護する「TOE PROTECT」を用いることで様々なシチュエーションに対応する防備を実現。ソールユニットには左右非対称な凹凸形状により安定性と衝撃吸収性を向上させる共に、ハニカム構造に大小を設ける事で屈曲性も確保した「Fresh Foam X」を採用。加えて抜群の耐久性とグリップ性を確保するVibram®社製の「Mega Grip」を搭載したアウトソールを組み合わせることで、悪路においても抜群のトラクションを発揮しています。


NB

nonnative × New Balanceコラボレーションモデルとなる本作は、革新的な機能とデザインを踏襲しながらも、nonnativeならではのエッセンスが随所に施されています。「WARM GRAY」と名付けられたベージュとグレイの中間的な独自のカラーリングに、通常はNマークが入るサイドをNBマークに変更することで印象的な仕上がりに。


NB


シューズの内側に入る「GORE-TEX®」マークは小さく控えめながらも、ヒールにはピスネームを配置。さらにシュータンの厚みを少し薄くすることで、トレイルランニングシューズでありながらも、よりスタイリッシュなフォルムを実現しています。


モデル名の由来は「GORE-TEX®」ライニング、Vibram®社製メガグリップ、「WARM GRAY」のカラーリングから、水辺に近い地中に生息する動物“MOLE(モグラ)”をイメージし命名。ほかにもオリジナルデザインのインソールやnonnativeロゴが入ったオリジナルシューレースなど、細部にわたりエクスクルーシブな仕様が盛り込まれており、トレイルと街のどちらのシーンにも映えるハイブリッドな一足となっています。


NB


NB


商品名/FRESH FOAM HIERRO M
品番/MTHEIRN5
カラー/RN5(WARM GRAY)
価格/2万350円(税込)
ウィズ/サイズ/D/25.5~29.0cm
発売日/2020年11月21日
販売店舗/ニューバランス公式オンラインストア、ニューバランス原宿、ニューバランス六本木19:06、ニューバランス大阪、COVERCHORD、vendor 中目黒、vendor 名古屋、BEAUTY&YOUTH 全国9店舗


●ニューバランス ジャパン
☎0120-85-0997


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ