アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
まるで桜餅!?新感覚のクラフトビールがおすすめ!

NEWS

まるで桜餅!?新感覚のクラフトビールがおすすめ!

2021.02.12

サンクトガーレンから、季節限定商品の「サンクトガーレン さくら」がリリース。本物の桜の花と葉で風味付けをした、新感覚のクラフトビールです。4月中旬までの限定販売を見逃すな!

「サンクトガーレン さくら」は本物の桜の花と葉で風味付けをしたビール。使用している桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠のもの。ビールの苦味と香りのもとになるホップの使用を抑え、桜の花と葉で風味付けをすることで、香りも味わいも桜餅のようなビールに仕上がっています。


1


また、このビールには柔らかい口当たりを出すために小麦麦芽を20%使用しています。さらに神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された酒米 "楽風舞(らくふうまい)"も併用。お米特有のふくよかな甘い風味をビールにプラスし、道明寺桜餅のような味わいを楽しめます。


1


桜の収穫は毎年GW前後に手摘みで行われています。摘み取った桜は塩と水を交互に加え、力をかけて3分の1程度にまで圧縮し塩漬けに。冷蔵庫で1年程度寝かせて完成です。ビールに使うときは前日から流水にさらし、塩抜きしてから使います。


1


ビールの桜餅のような香りは、クマリンという成分。咲いている桜の中では糖と結合していて香りはしませんが、塩漬けにすることで糖が分離してクマリンが生成され、桜餅のような香りを放ちます。


サンクトガーレンについて
サンクトガーレンは日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた「元祖地ビール屋」です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。


サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流のラガーとは製法も味わいも対極のエール一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、バレンタイン限定チョコレートビール、ボジョレーヌーボーと同時解禁する麦のワイン、一升瓶ビールなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。


1


商品名/サンクトガーレン さくら
アルコール/5%
容量/330ml
価格/460円(税別)
発売日/2月19日 ※公式ネットショップにて予約受付中
原材料/麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)
販売場所/公式ネットショップ、主要百貨店(一部除く)のお酒売場、関東のイオン40店ほか
販売ページはこちら


●サンクトガーレン
https://www.sanktgallenbrewery.com/


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ