アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
英軍採用の非常用浄水タンク「LifeSaver Jerrycan」で、万が一のときでも安心

NEWS

英軍採用の非常用浄水タンク「LifeSaver Jerrycan」で、万が一のときでも安心

2021.03.22

現在市販されている非常用浄水タンクは「細菌は除去できてもウイルスは除去できない」「使うほど除去率が下がる、大きく重く高価」などの問題があります。災害時などの緊急事態では良質な水が入手困難になることも。どんな環境でも手軽により安心な水を確保するための非常用浄水タンク「LifeSaver Jerrycan(ライフセーバー・ジェリーカン)」の先行予約販売が開始されました。

1


現在市販されている非常用浄水タンクの多くは、膜の孔径が約10~0.1㎛のMicro-Filtradeion(精密濾過)フィルターが使用されていますが、微生物の大きさは細菌が約10~0.5㎛、ウイルスは約0.5~0.02㎛と非常に小さいため、一部の細菌や大部分のウイルスは除去できません。


ライフセーバー・ジェリーカンに搭載されているUltra-Filtradeion(超濾過)フィルターは、孔径が約0.015㎛の超微細な膜で濾過するため、ウイルスをLog4・細菌をLog6・原虫類をLog4まで除去でき、ほぼ全ての微生物を取り除くことができます。


大規模災害時に必要となる生活水の確保2


政府や自治体は大規模災害時の水対策として1人1日3リットル×7日分、つまり家族4人で84リットルの飲み水を備蓄することを推奨していますが、炊事・洗濯・手洗い・歯磨きなどの生活水については、1人1日200~300リットルもの大量の水が必要になってきます。ライフセーバー・ジェリーカンがあれば、大量に必要となる生活水を容易に確保することが可能です。


3


ライフセーバー・ジェリーカンには、フィルターが寿命に達すると自動的に通水を停止する「フェイルセーフ・テクノロジー」が搭載されています。この機能により、フィルターが寿命に達した場合に、濾過されていない汚水を飲んでしまうリスクを避けることができます。またシャワーアタッチメント(別売)を使えば、調理・食器洗い・掃除・洗濯・手洗い・歯磨き・傷口の洗浄などの生活水としても利用しやすくなるため、幅広い用途に対応できます。


4


ライフセーバー・ジェリーカンは、水に関する認証機関として世界で一番厳しいとされる、米国BCS研究所によるNSFのP231微生物浄水規格に適合しています。


ライフセーバー・ジェリーカンの使い方5


ライフセーバー・ジェリーカンは、子供から高齢者まで誰でも簡単に使えるように、「水を入れる」「ポンプする」のステップで飲料水をつくれるよう設計されています。


6


商品名/ライフセーバー・ジェリーカン
価格/5万9400円(税込)、先着100名早割価格 4万4550円(税込)
最大流量/4L/分
最大濾過水量/20,000L
乾燥重量/3.9kg
タンク容量/18.5L
製品寸法/170×349×473mm
販売ページはこちら


Icon LifeSaver
「Essential For Survival(サバイバルに欠かせないもの)」をコンセプトに、2007年に世界で初めてウイルスまで除去できる携帯浄水器「LifeSaver Bottle」を開発した英国のベンチャー企業。創業者のマイケル・プリチャードは、2004年のスマトラ島沖地震で被災者が何週間も汚れた水しか飲めない状況を見て衝撃を受け、災害時の水問題を解決するためにLifeSaver Bottleを開発。
その後、英国政府や慈善団体と協力しながら人道支援の分野における水問題の効果的なソリューションとしての地位を確立し、2010年には英国軍にも採用。現在は用途に合わせた計4種の製品を開発し、アウトドアなどの商業分野にもビジネスを拡大中。


●TRADEX
http://www.tradex.jp

LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ