アウトドアライクに上質な時間を過ごすためのマガジン
フォルクスワーゲン「Tiguan」が4年ぶりにマイナーチェンジ!

NEWS

フォルクスワーゲン「Tiguan」が4年ぶりにマイナーチェンジ!

  • 2021.05.18

世界中で大人気の「Tiguan」が待望のマイナーチェンジ。新たに1.5TSIエンジンや7速DSGの採用などパワートレインを刷新するとともに、安全性や快適性も向上。フォルクスワーゲン人気のSUVをリコメンド。

1


今回のマイナーチェンジによって、フォルクスワーゲンのSUVとして初めてスポーツグレードが設定されました。高性能スポーツモデル「Tiguan R(ティグアン アール)」は、フロントおよびリヤデザインに加え、専用デザインの21インチアルミホイール、ブルーにペイントされたブレーキキャリパーやクロームのデュアルツインエキゾーストパイプなどの数々の専用アイテムを装備しています。


パワートレインは、320PSを発生する2.0TSIエンジンを搭載。新開発の4輪駆動システムが採用されています。さらに同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」やLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」などの最新の先進運転支援システムが完備。安全性や快適性が向上しています。


さらに常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステム「Ready 2 Discover」「Discover Pro」が採用され、コネクティビティも強化し、安全性・快適性・利便性の全方位にわたって進化を遂げています。


デザインを刷新し、力強いスタイリングを実現
新しいLEDヘッドライトを備え、デザインが一新された印象的なフロントエンドが特徴的。ボンネットは特徴的なラジエーターグリルからさらに上に伸び、先代に引き続き力強いデザインです。SUVらしいスクエアなボディスタイルならではの広い室内空間を実現しています。
強化されたパワートレイン                                                               
パワートレインは、新たに1.5 TSIエンジンを採用。アクティブシリンダーマネージメント(気筒休止機能)が搭載されており、走行シーンに応じて瞬時に4気筒から2気筒へ切り替え、燃料消費量を抑制します。


高性能モデルの「Tiguan R」には2.0TSIエンジンを採用。235kW(320PS)のパワーを発生するこのエンジンは、わずか2,100rpmの低回転域から420Nmの強大なトルクを発生し、0-100km加速は4.9秒を記録します。全車7速DSGが採用されていますが、「Tiguan R」のトランスミッションにはより高トルクに対応できるように設計された7速DSGが設定されます。
最新の運転支援システム・コネクティビティ機能を採用
同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」を全車標準装備。従来の渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」をさらに進化させたシステムで、ドライバーがあらかじめ設定した車速内において、前走車との車間距離及び走行レーンの維持をサポートします。


LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」は、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載されたLEDを個別に制御することで、最適な配光を可能としたシステム。これにより安全性を向上させるだけでなく、ダイナミックターンインジケーターと合わさって、右左折時の被視認性向上にも寄与します。


また、インフォテイメントシステムには常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステムを採用。オンラインサービス「We Connect」を用いることで最新の渋滞情報などを入手でき、さらにスマートフォンの専用アプリにて窓の閉め忘れや車両駐車位置などの車両情報を確認することができます。また、車両のドアの解錠・施錠もスマートフォン上で操作できます。
新型「Tiguan」は、新色のナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリック、キングスレッドメタリックなど全8色展開です。
商品名/フォルクスワーゲン 新型「Tiguan」
価格/407万9000円(税込)から
グレード/全5グレード
詳細ページはこちら


●フォルクスワーゲン カスタマーセンター
☎0120-993-199


LINEお友達登録はこちら

記事の一覧へ